新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン、SOMPOリスク、リスクマネジメントの観点から宇宙ビジネスの成功・成長を支援「宇宙ビジネス支援サービス」の提供開始

損保ジャパンとSOMPOリスクは、11月22日に「宇宙ビジネス支援サービス」の提供を開始する。
本サービスの開発にあたり株式会社アークエッジ・スペース※(代表取締役:福代孝良、以下「アークエッジ・スペース」)とともに、実際の衛星開発における課題・リスクの把握から具体的な解決策の提示までをSOMPOリスクの専門エンジニアが伴走型で実施し、ロールモデルの構築を行った。
1.背景
国内外の宇宙産業は、政府による積極的な民間企業の参入促進を契機に著しい成長段階にあり、衛星を活用した通信ネットワークに代表されるテクノロジーは発展を続けている。また、異業種が宇宙ビジネスへ新規参入する動きも出ている。
そのため、損保ジャパンとSOMPOリスクは、さまざまな宇宙プロジェクトをサポートする取組みを加速させており、その一環として、宇宙テクノロジーを開発する事業者および宇宙ビジネスに新規参入する事業者向けの「宇宙ビジネス支援サービス」の提供を開始する。
2.サービスの概要
(1)内容
小型人工衛星開発時の技術的な相談に対応するとともに、お客さまのプロジェクトを成功に導くという視点からリスクを抽出し、そのリスクの解決に向けた取組みを総合的に支援する。
<主なコンサルティングメニュー>
①設計・製造等の専門知識を必要とする技術面での相談
②衛星開発プロジェクト等におけるリスクの現状分析・課題の抽出
③リスク対策の提案と実行支援
(2)特長
①衛星開発を長年経験してきたエンジニアが、衛星開発事業者の実情を踏まえた的確な助言を提示する。
②プロジェクトメンバーの一員として加わり、開発伴走型でプロジェクト支援を行う。
③損保ジャパンが提供する宇宙保険等を通じたリスクファイナンス面からの支援を行うことが可能である。
3.今後の展開
損保ジャパンとSOMPOリスクは、衛星開発における宇宙関連サービスの展開を通して、衛星スタートアップを中心とした宇宙活動ミッションの成功を後押しするとともに、伴走型のサービス提供を通して軌道上のリスク実態の把握に努め、各プロジェクトの軌道上保険の開発・提供にも活かしていく。
また、今後は衛星事業者だけでなく宇宙事業に参入するさまざまな企業に対象を拡大し、多様なニーズに対応したサービス拡充を目指す。
損保ジャパンとSOMPOリスクは、国内外の宇宙産業の発展に貢献することで、「“安心・安全・健康のテーマパーク”により、あらゆる人が自分らしい人生を健康で豊かに楽しむことのできる社会を実現する」という「SOMPOのパーパス」実現に向けて、取り組んでいく。
※「アークエッジ・スペース」について
超小型衛星の設計・製作および運用サービスの提供、超小型衛星によるコンステレーション構築、超小型衛星関連のコンポーネント・ソフトウェアの提供、衛星管制用地上局の運用サービスの提供、教育・コンサルティング業務、ローンチサービス事業、宇宙機器輸出入事業、教育事業、宇宙利用事業等、多岐にわたる宇宙ビジネスを手掛ける。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

アクサ生命、『ユニット・リンク』シリーズの特別勘定を拡充

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、監査等委員会設置会社を移行

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、役員の処分を発表

損保

損保ジャパン、業務改善計画を提出

損保

三井住友海上、運転請負プラットフォーム専用保険の提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、【国内初】生成AIのリスクを補償する「生成AI専用保険」の提供開始

生保

日本生命、ペアローン利用者向け団体信用生命保険を10月発売

生保

ジブラルタ生命、変額保険(有期型)を発売

損保

楽天損保、自動車保険の商品ページに「10秒かんたんお見積り」を導入

損保

大同火災、那覇市消防局と連携し「住宅用火災警報器の普及促進」および「地震火災の啓発」の取り組みを実施

関連商品