新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日新火災、「JMSCAクライミング体験キャンプinいわて盛岡supported by日新火災」開催

日新火災は、2023年11月18日(土)に開催される「JMSCAクライミング体験キャンプinいわて盛岡supported by日新火災」(以下、「体験キャンプ」)にて、福祉実験カンパニー「ヘラルボニー」とのコラボレーションを実施する。
「株式会社ヘラルボニー」(以下、ヘラルボニー)のアートが会場を彩る。ヘラルボニーは、開催地の岩手県盛岡市に本社を置き、日本、世界へと活動を広げている。「異彩を、放て。」をミッションに掲げ、福祉を起点に新たな文化の創出を目指す福祉実験カンパニーである。当日は、岩手県を拠点に活動した作家、八重樫季良(やえがし・きよし)氏のアートが会場を彩る。
本コラボレーションは、障害のある作家のアートを軸に様々な事業を展開し、「障害」のイメージ変容を目指すヘラルボニーの理念に日新火災が共感して実施に至った。
日新火災は、ヘラルボニーと共に、子供たちの健やかで豊かな未来につながる挑戦を応援する。
【コラボ内容】
コラボ①アートを活かした体験キャンプ会場の空間装飾
コラボ②空間装飾をアップサイクルしたサステナブルなノベルティプレゼント
【株式会社ヘラルボニーについて】
ヘラルボニーは「異彩を、放て。」をミッションに掲げる、福祉実験カンパニーである。国内外の主に知的な障害のある作家と契約を結び、2,000点を超える高解像度アートデータの著作権管理を軸とするライセンスビジネスをはじめ、作品をファッションやインテリアなどのプロダクトに落とし込む、アートライフスタイルブランド「HERALBONY」の運営など、福祉領域の拡張を見据えた多様な事業を展開している。これらの社会実装を通じて「障害」のイメージ変容と、福祉を起点とした新たな文化の創造を目指す。
社名である「ヘラルボニー」は、知的障害のある両代表の兄・松田翔太氏が7歳の頃に自由帳に記した謎の言葉である。「一見意味がないと思われるものを世のなかに新しい価値として創出したい」という意味を込めている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、くつきの森林(もり)『いきもの集まれ大作戦!』を実施

生保

FWD生命、子ども虐待防止『オレンジリボン運動』支援のための募集代理店との協同寄付を実施

協会・団体損保

損保協会、軽消防自動車、高規格救急自動車を全国に12台寄贈

生保

メットライフ生命、広島銀行と共同社会貢献プログラム第34期寄付金を贈呈

損保

アニコム損保、アニコムグループの保護動物シェルター「ani TERRACE」で「老犬ホーム」の運営を開始

生保

かんぽ生命、2024年度ラジオ体操優良団体等表彰受賞者が決定

生保

日本郵政、日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命、令和6年7月9日からの大雨災害に対する非常取扱いを実施

損保

損保ジャパン、品川グループ・富山県「立山の自然を守る活動~立山弥陀ヶ原周辺外来植物除去活動~」を実施

損保

大同火災、沖縄県交通遺児育成会へ寄付

生保

生保協会、「セイホスカラーシップ」2024年度奨学生7名を決定

関連商品