新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

セゾン自動車火災、年代別にスマホ依存の実態を調査

セゾン自動車火災は、スマホを使用している全国の15歳以上の男女1,105名を対象に、日常の使用用途や使用時間、自身がスマホに依存していると自覚しているかなどの使用実態について調査を実施した。
【主な調査結果】
1.「気が付くとスマホに没頭し、時間を忘れていることがあるか」という問いに対し「そう思う」と回答した10代の割合は驚異の93%超!20代も85.6%と非常に高い結果に。10代では「ほぼ一日中」スマホを使用している割合も16%と高く、若年層が日常的にかなりの時間をスマホに費やしている事実が浮き彫りに。年代が上がるほどスマホに依存していると回答した割合は少なくなる傾向にあり、若年層ほどスマホへの依存度が高いと言える。
2.子どもにスマホを持たせている親の75.4%が、子どものスマホ使用に何らかの不安や心配を抱えている。また、親が懸念していることとして約半数は「子どものスマホ依存」と回答。
3.親のスマホ使用時間が一日3時間以上と長い場合、その子どものスマホ使用時間も同様に長くなる傾向。スマホの使用時間には、親子で相関関係にあるという結果に。
4.子どものスマホ使用に「特に不安を感じていない」と回答した人の79.5%が、子どものスマホ使用にルールを「決めていない」と回答。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ジブラルタ生命、教員の意識に関する調査2024を実施

生保

メットライフ生命、「全国47都道府県大調査2024」の結果を発表

生保

日本生命、「夏のボーナス」に関するアンケートを実施

生保

太陽生命、太陽生命少子高齢社会研究所、「高齢者の独居生活に関する調査」を実施

生保

第一スマート少短、世代別でみる<新たなチャレンジに関する実態調査>を実施~Z世代は「仕事・転職・副業」、ミレニアル世代は「スポーツ・運動」に意欲的

生保

マニュライフ生命「アジア・ケア・サーベイ2024」を発表~日本の生活者、将来のファイナンシャル・ウェルビーイング実現への期待度がアジアで最下位、退職後に向けた積極的な準備が必要

生保

エヌエヌ生命、家業経営者の父親とその子どもに関する調査を実施

生保

日本生命、「父の日」に関するアンケート調査を実施

損保

セゾン自動車火災、10月に本社オフィスを移転

生保

アクサ生命、世界16の国と地域で実施、アクサのマインドヘルス調査「心の健康」日本は最下位

関連商品