新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上日動、「HDI格付けベンチマーク」3年連続で最高評価の『三つ星』を獲得~「問合せ窓口」「Webサポート」のダブル受賞~

東京海上日動は、HDI-Japanが主催する、2023年公開格付け調査「問合せ窓口」「Webサポート」の両部門において、最高評価の三つ星を獲得した。三つ星獲得は、「問合せ窓口」で3年連続、「Webサポート」は4年連続となる。
同社では今後も、人ならではの親身な応対と、使いやすいデジタルコンテンツの提供を通じて、多様化するお客様の“最適”に応えられるよう、品質・サービスを向上していく。
1.同社の格付けと評価内容
【問合せ窓口格付け】
三つ星(★★★)3年連続
担当者は知識や経験が高く、とても前向きな支援姿勢で自信に満ちている。
顧客の問合せに対しては、分かりやすい回答であり疑問を残さない対応をしてくれるので、理解度が増してよい。
どのような場面でも質問をしやすいように顧客に配慮し問いかけてくれるところはサポートのプロと言える。
【Webサポート格付け】
三つ星(★★★)4年連続
Webページは整理されており顧客にとって視覚的に分かりやすく、とても使いやすい。
スマートフォンで閲覧しても見やすい構成となっている。
よくあるご質問(FAQ)の検索性が高いことや、カテゴリの分類が分かりやすいこともあり、必要な情報は速やかに得ることができる。
2.HDI格付けベンチマークについて
HDI(HelpDeskInstitute)とは、1989年に米国で設立されたサポートサービス業界の世界最大の会員団体である。「HDI格付けベンチマーク」は、この国際基準に基づき、一般消費者と専門審査員で構成された審査員により、顧客の立場から各企業の電話対応(問合せ窓口)とオフィシャルWebサイト(Webサポート)を評価し、「三つ星」から「星なし」の4段階で格付けするものである。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、三井住友海上プライマリー生命、グループ3社がスポーツ庁スポーツエールカンパニーに認定

損保

東京海上日動、マイナンバーカードの公的個人認証サービスを利用した保険契約手続き開始

生保

明治安田生命、PRI(国連責任投資原則)年次評価結果を公表

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

生保

日本生命、第5回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」投資家部門で金賞(環境大臣賞)受賞

損保

東京海上日動、保険代理店を通じたビジネスマッチング事業を本格展開

生保

SBI生命、保険市場・2024年版最も選ばれた保険ランキングで「クリック定期!Neo」「SBI生命の終身医療保険Neo」「働く人のたより」が第1位を獲得し8冠

生保

富国生命、学資保険「みらいのつばさ」が「ママリ口コミ大賞2024」学資保険部門で大賞を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、サポートセンター認証制度の最高峰であるHDI七つ星に認定

生保

大同生命、コールセンターがHDI「五つ星認証」を取得

関連商品