新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、「KANSAI DX AWARD2023」で「地域課題解決・地域貢献賞」を受賞

三井住友海上は、関西デジタル・マンス実行委員会が主催する「KANSAI DX AWARD2023」において、同社の地域・社会の課題解決に資するDXの取組が「地域課題解決・地域貢献賞」を受賞した。
1.「KANSAI DX AWARD2023」の概要
関西デジタル・マンス実行委員会が、関西におけるDX取組の底上げを目的として、DX先進企業を表彰する制度である。同実行委員会は、関西におけるDX推進の風土醸成のため、8月に官民連携により様々なDX取組を実施する「関西デジタル・マンス」を創設し、本アワードを開催した。
・関西デジタル・マンス実行委員会構成員:公益社団法人関西経済連合会、関西広域連合、総務省近畿総合通信局、経済産業省近畿経済産業局、一般財団法人関西情報センター、独立行政法人情報処理推進機構
2.「地域課題解決・地域貢献賞」の受賞
同社が「補償前後のソリューション」として提供する「通学路安全支援システム」や「ドラレコ・ロードマネージャー」を、関西で推進してきた活動等が、交通事故や道路の老朽化等、地域・社会が抱える課題の解決や地域に貢献するDX取組として高い評価を受け、「地域課題解決・地域貢献賞」を受賞した。
<実行委員会の評価コメント>
交通事故リスクの可視化、道路の損傷箇所の検出等、安全・安心な地域づくりに大きく貢献するものであり、地域課題解決の観点で特に優れている。
3.今後の展望
保険による補償に加え、事故や災害による被害を未然に防ぎ、事故発生後の早期回復を支援するソリューションを創造・提供し続け、「お客さまへの提供価値」の変革を全国で進めていく。関西では、「大阪スマートシティパートナーズフォーラム※」のコーディネーター企業として、「通学路安全支援システム」や「ドラレコ・ロードマネージャー」等の活用を通じた官民連携でのDXを推進していく。
※大阪スマートシティパートナーズフォーラムのコーディネーターに3期連続で選出された。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

生保

日本生命、第5回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」投資家部門で金賞(環境大臣賞)受賞

生保

SBI生命、保険市場・2024年版最も選ばれた保険ランキングで「クリック定期!Neo」「SBI生命の終身医療保険Neo」「働く人のたより」が第1位を獲得し8冠

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、GX経済移行債へ20億円投資し日本の脱炭素取組みを支援

損保

三井住友海上、女子陸上競技部の樺沢和佳奈選手が「全日本実業団ハーフマラソン大会」で優勝

生保

富国生命、学資保険「みらいのつばさ」が「ママリ口コミ大賞2024」学資保険部門で大賞を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、サポートセンター認証制度の最高峰であるHDI七つ星に認定

生保

大同生命、コールセンターがHDI「五つ星認証」を取得

生保

T&Dフィナンシャル生命、「スポーツエールカンパニー」「東京都スポーツ推進企業」にそれぞれ6年連続で認定

損保

三井住友海上、AI音声による事故受付サービスを開始

関連商品