新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

楽天損保、自転車ユーザー向け傷害総合保険「サイクルアシスト」の契約件数が累計50万件を突破

楽天損保は、9月1日に自転車ユーザー向け傷害総合保険「サイクルアシスト」(以下「サイクルアシスト」)の契約件数が累計50万件を突破した。
日常生活において身近な自転車であるが、昨今、自転車が関与する交通事故の割合が増加している。警察庁によると、2022年中の全交通事故に占める自転車関連事故の割合は23.3%を記録し、過去10年で最も高くなっている。
また、楽天グループ株式会社が運営するマイクロタスク型クラウドソーシングサービス「楽天超ミニバイト」の調査では、「自転車に乗っていてヒヤリとしたことはありますか?」という質問に対して回答者の78.0%が「はい」と回答した。具体的にヒヤリとした時として、車や歩行者と接触しそうになった時や転倒しそうになった時が多く挙げられている。
こうした背景の中で、改正道路交通法の施行により、2023年4月1日から自転車利用者のヘルメット着用が努力義務化された。また、自転車の安全で適正な利用を促進することを目的として、全国の自治体で自転車保険への加入を義務化する流れが広がっている。4月には新たに石川県と広島県が義務、7月には岩手県が努力義務にしており、現時点で42もの都道府県で自転車保険の加入が「義務」または「努力義務」とされている。
自転車事故に対する意識が社会全体で高まっている中で、楽天損保の「サイクルアシスト」は、2023年4月から6月における新規契約件数が前年同期比42%増を記録した。9月1日には契約件数は累計50万件を突破し、順調に推移している。
「サイクルアシスト」は、自転車利用者の万が一の事故に備えた保険商品となっている。自転車で転倒してケガをしたり、自動車にひかれてケガをした場合などの交通事故によるケガや、偶然な事故により他人にケガをさせたり、他人の物を壊して損害を与えた場合の賠償責任を補償する。契約すると保険料支払額の1%分の楽天ポイントが進呈されるほか、貯まったポイントを使って保険料の支払いも可能である。
楽天損保は、Fintechへの取組みの一環として、引き続きITを活用した商品・サービスの開発を目指す。さらなるサービスの向上に努め、お客さまが安心して日々の暮らしを送ることができるように人々と社会をエンパワーメントしていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

生保

日本生命、第5回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」投資家部門で金賞(環境大臣賞)受賞

生保

SBI生命、保険市場・2024年版最も選ばれた保険ランキングで「クリック定期!Neo」「SBI生命の終身医療保険Neo」「働く人のたより」が第1位を獲得し8冠

生保

富国生命、学資保険「みらいのつばさ」が「ママリ口コミ大賞2024」学資保険部門で大賞を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、サポートセンター認証制度の最高峰であるHDI七つ星に認定

生保

大同生命、コールセンターがHDI「五つ星認証」を取得

生保

T&Dフィナンシャル生命、「スポーツエールカンパニー」「東京都スポーツ推進企業」にそれぞれ6年連続で認定

損保

楽天損保、「トラベルアシスト(海外旅行保険)」の2023年販売件数が前年同期比で約5.6倍に

生保

メットライフ生命、お客さま向けの宿泊・レジャー施設等優待サービスへのシングルサインオン認証を導入

損保生保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、SOMPOひまわり生命、「スポーツエールカンパニー2024」認定取得

関連商品