新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、「AIインフィニティラボ」を新設

三井住友海上は、生成AIをはじめとする最新テクノロジーのリスクを正しく把握・評価し必要な対策を講じた上で、スピーディに活用領域を拡大するため、専門的に研究・検討を進める「AIインフィニティラボ」を新設した。
1.背景
生成AI等の技術の進歩は著しく、国内外の最新動向を踏まえ、積極的な活用と正しいリスク評価の両軸でスピーディに取組を進めていく必要がある。そこで、高度な専門性を有する社内外の人財で構成した「AIインフィニティラボ」の新設に至った。
2.組織概要
名称 AIインフィニティラボ
設置日 2023年4月19日
構成員 社内のスペシャリスト社員に加え、生成AIに知見のある外部有識者
目的 最新テクノロジーの業務利用の積極推進と適切なリスク評価に基づく安全性の担保具体的な検討事項
・同社業務の知識データをベースとした生成AIチャット基盤の導入
・生成AIの特徴やリスクを正しく理解した上で業務活用できる人財の育成
3.今後の展開
生成AIに加えて、音声認識や画像認識のAGI(特化型人工知能)や、さらなる技術発展が期待されるGAI(汎用人工知能)等、さまざまな最新テクノロジーの業務適用を検討し、積極的に取り入れながら新たな提供価値を創造し、未来にわたって、世界のリスク・課題の解決でリーダーシップを発揮するイノベーション企業を目指す。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、運転請負プラットフォーム専用保険の提供開始

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、三井住友海上プライマリー生命、グループ3社がスポーツ庁スポーツエールカンパニーに認定

生保

T&Dフィナンシャル生命、業界初『AIファンド予測サービス』開始

損保

三井住友海上、凍結卵子専用保険の提供開始

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、GX経済移行債へ20億円投資し日本の脱炭素取組みを支援

損保

三井住友海上、女子陸上競技部の樺沢和佳奈選手が「全日本実業団ハーフマラソン大会」で優勝

損保

三井住友海上、AI音声による事故受付サービスを開始

損保

三井住友海上、保険料等の調整行為に係る行政処分の内容と今後の対応を発表

生保

MS&ADホールディングス、金融庁による三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保への行政処分を発表

関連商品