新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

楽天保険グループ、保険料支払いにおける楽天ポイントの利用範囲を拡大

楽天保険グループの楽天損保および楽天生命は、保険料支払いにおける楽天ポイントの利用範囲を拡大する。楽天生命は、5月27日より開始し、楽天損保の「スーパーペット保険(正式商品名:ペット保険2020)」は5月30日の契約分より対象となる。
楽天損保の7商品は、すでに保険料に楽天ポイントを利用することができ、「トラベルアシスト(国内旅行傷害保険)」では全契約のうち53.2%(注1)の契約の支払いに楽天ポイントを利用できる。
今回新たに、楽天損保では「スーパーペット保険」(注2)、楽天生命では個人向けの保険商品の保険料の支払いに楽天ポイントの利用が可能となった。これにより、原則的に、楽天IDと連携し、保険料の払込方法がクレジットカード払いで契約する全ての保険商品の保険料支払いに楽天ポイントを利用できる。通常ポイントのみならず、期間限定ポイントも利用の対象となる。
楽天損保と楽天生命は、テクノロジーと保険サービスを融合したインシュアテックのスピードが加速している保険業界において、人と社会に活力を提供する楽天グループの保険会社として、新たなお客さまサービスの開発に取り組んでいる。
(注1)楽天損保調べ。2023年1月時点。
(注2)初年度契約(月払)の第2回目以降の保険料および更新契約(年払・月払)の保険料はポイント利用の対象外となる。
■保険料支払いへの楽天ポイントの利用について
<対象商品>
楽天損保:
2023年5月30日以降に申し込まれた以下の保険商品
・スーパーペット保険(ペット保険2020)
引き続き対象となる保険商品
・サイクルアシスト(傷害総合保険)
・ゴルフアシスト(傷害総合保険)
・1日保険シリーズ(国内旅行傷害保険)
・リビングアシスト(リビングアシスト総合保険)
・トラベルアシスト(海外旅行保険/国内旅行傷害保険)
・ホームアシスト(家庭総合保険)
・ドライブアシスト(個人用自動車保険)
楽天生命:個人向けの保険商品
<利用条件>
楽天IDと連携し、保険料の払込方法がクレジットカード払いの契約であること
<利用設定タイミング>
新規契約時、ご契約後のいずれのタイミングでも設定できる。
※「スーパーペット保険」は新規ご契約時のみ設定できる。
<利用可能な楽天ポイントの種類>
通常ポイントおよび期間限定ポイント

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、高校生向け「損保版金融リテラシー教育の出前授業」を提供開始

損保

東京海上日動、お客様への価値提供の拡大に向けた「レジリエンス」の取り組みを公表

損保

MS&ADインターリスク総研、「自然災害時アクションサポートサービス」の提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動車修理工場のサービス品質可視化・ESG経営推進に向けた取り組みを開始

生保

ジブラルタ生命、「ドリームナイト・アット・ザ・ズー」開催動物園・水族館をサポート

生保

SBI生命、保有契約の加入者数が50万人を突破

生保

FWD生命、ウェルスナビの新サービスに『FWD収入保障<WEB専用>』を提供

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、「MS&ADサイバーリスクファインダー 取引先診断サービス」の提供開始

生保

アクサ生命、「お客さま本位の業務運営を実現するための基本方針」にかかる2023年の評価指標の結果および取組みを公表

生保

SOMPOひまわり生命、日本健康会議主催イベントに登壇、健康経営におけるマイナ保険証の活用を発表

関連商品