新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

トーア再保険、2023年3月期決算を発表

トーア再保険は、2023年3月期決算を発表した。
◆期末の事業概況(連結)
1.連結経営成績に関する定性的情報
経常収益は、保険引受収益が前連結会計年度に比べ186億円増加の3,286億円(うち正味収入保険料3,208億円)、資産運用収益が前連結会計年度に比べ6億円増加の202億円、その他経常収益が4億円となった結果、前連結会計年度に比べ195億円増加の3,493億円となった。一方、経常費用は、保険引受費用が前連結会計年度に比べ56億円増加の3,161億円(うち正味支払保険金2,353億円)、資産運用費用が前連結会計年度に比べ116億円増加の136億円、営業費及び一般管理費が前連結会計年度に比べ10億円増加の161億円、その他経常費用が1億円となった結果、前連結会計年度に比べ171億円増加の3,460億円となった。
以上の結果、経常利益は、前連結会計年度に比べ24億円増加の32億円となりました。経常利益に特別損失、法人税等合計を加減した親会社株主に帰属する当期純利益は、前連結会計年度に比べ36億円増加の24億円となった。
2.連結財政状態に関する定性的情報
当連結会計年度末の総資産は、前連結会計年度末に比べ453億円増加し9,057億円となった。
また、当連結会計年度末の純資産は、前連結会計年度末に比べ50億円減少し1,963億円となった。
◆期末の事業概況(単体)
1.経営成績に関する定性的情報
経常収益は、保険引受収益が前期に比べ81億円増加の2,294億円(うち正味収入保険料2,135億円)、資産運用収益が前期に比べ31億円増加の118億円、その他経常収益が4億円となった結果、前期に比べ114億円増加の2,417億円となった。一方、経常費用は、保険引受費用が前期に比べ38億円増加の2,142億円(うち正味支払保険金1,723億円)、資産運用費用が前期に比べ13百万円減少の8億円、営業費及び一般管理費が前期に比べ3億円減少の98億円、その他経常費用が24百万円となった結果、前期に比べ21億円増加の2,249億円となった。
以上の結果、経常利益は、前期に比べ93億円増加の167億円となりました。経常利益に特別損失、法人税等合計を加減した当期純利益は、前期に比べ79億円増加の124億円となった。
2.財政状態に関する定性的情報
当期末の総資産は、前期末に比べ101億円増加し5,796億円となった。
また、当期末の純資産は、前期末に比べ144億円増加し1,627億円となった。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、2023年度第3四半期報告を発表

損保

ソニー損保、2024年3月期第3四半期決算概要を発表

生保

メットライフ生命、2023年度第3四半期報告を発表

生保

マニュライフ生命、2023年度第3四半期報告を発表

損保

トーア再保険、令和6年能登半島地震災害に対する義援金拠出

損保

トーア再保険、生命保険査定者向けセミナーを開催

損保

損保協会、29社の令和5年9月中間期損保決算概況を発表

共済

JA共済連、令和5年度上半期業績を発表

損保

トーア再保険、2023年度社会貢献活動強化月間で各種取組み

生保

オリックス生命、2023年度第2四半期(上半期)決算を報告

関連商品