新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アクサ、グリーン投資の一環として「アクサ札幌中島公園プロジェクト」発表

アクサ生命は、アクサグループの戦略計画におけるグリーン投資の一環で、アクサ・リアル・エステート・インベストメント・マネジャーズ株式会社をアセットマネージャーとして、札幌中島公園の再開発プロジェクトへの投資を決定し、5月18日に「アクサ札幌中島公園プロジェクト」の概要を発表した。
本プロジェクトは、札幌市が構想する新たな MICE(※1)施設の整備事業として注目される中島公園エリアでの再開発事業。高い環境性能を備え、LEED Gold 認証(※2)を取得予定で、DBJ Green Building(※3)の認証においても最高ランクに値するビルとなる予定。。5月よりテナント誘致が始まり、2025年6月の竣工予定である。環境に配慮した高い性能を備えるこのビルには、グローバルホスピタリティ企業「IHGホテルズ&リゾーツ」のフラッグシップであるラグジュアリーホテルブランド「インターコンチネンタルホテルズ&リゾーツ」を誘致する。
また、竣工と同時に、アクサ生命は、現在の札幌本社のオフィスを新築されたビルに移転する。
アクサは、グループの経営戦略「Driving Progress 2023」および「サステナビリティ戦略」の評価指標である「AXA for Progress Index」をグローバルで策定し、2023年までに260億ユーロのグリーン投資を目指している。日本では、アクサ生命が資産運用に際して、低炭素ビジネスモデルに移行する企業やプロジェクトを後押しし、移行のための資金調達をサポートする目的で、物流などを中心とした不動産への投資を行っている。
北海道は「ゼロカーボン北海道」を、札幌市は「環境首都SAPP?RO」を掲げ、それぞれ脱炭素や再生可能エネルギーへの移行に向けた政策を推進している。札幌市は、多くの集客交流が見込まれるビジネスイベントである「MICE」を、本市の成長をけん引する分野のひとつとして位置づけている。アクサは「ゼロカーボン北海道」を掲げる北海道、MICE誘致強化を掲げる札幌市の政策に、グリーン投資を通じて貢献するものである。
誘致が決まった「インターコンチネンタルホテルズ&リゾーツ」は、「IHGホテルズ&リゾーツ」のホテルとしては北海道内で5軒目、「インターコンチネンタル」ブランドとしては北海道初、国内で11軒目のホテルとなる。これにより、外資系としては初のラグジュアリーホテルが札幌市に誕生する。
本プロジェクトでは、コロナ後の新たな働き方を模索する生活者のワーク・ライフや減災の点から、免震構造、非常用発電設備や燃料等を備え、インフラが寸断された状態でも14日間運営できるオフィスを目指し、安心・安全・快適な環境をオフィスワーカーに提供する。また、非常時におけるBCP(事業継続計画)の一環として、地域の非常用拠点としての利用も視野に入れている。自然豊かで、歴史ある中島公園付近に立地し、オフィスワーカーには“ウェルネスオフィス”を、その家族や地域の住民、国内外の観光客には、自由に利用できるオープンスペースや、展望テラスなどの各種アメニティによるウェルビーイングの充実を基本コンセプトとしたコミュニティスペースを提供する。
アクサ生命は、北海道において1934年に企業福利の向上を目指し、団体保険制度の事業を開始し、90年間にわたり地域の福利向上をサポートしてきた。2014年には「札幌本社」を設立し、お客さまを守る事業継続体制の強化に取り組んでいる。北海道庁や札幌市とは、連携協定に基づいて、健康経営やライフマネジメント(R)に基づく金融経済教育、国際的な若手人材を育成する「ほっかいどう未来チャレンジ」への寄付など、健康で幸せな地域社会づくりで協働し、地域福利の向上を目指す取り組みを拡大している。
同社は札幌市において、これまでにホテル1棟、マンション2棟の不動産投資を行った。また、旭川市にインターネットを主な販路とした生損保事業を営む同社のグループ企業2社がコンタクトセンターを構えており、北海道はアクサの経営戦略上重要な地域となっている。本プロジェクトにより、「ゼロカーボン北海道」が掲げる脱炭素、札幌市の環境首都SAPP?ROや中島公園駅周辺のまちづくりの一助となる民間開発案件として、さらに地域の安全・安心を支える地域強靭化に資するBCP拠点として、アクサのパーパスを体現し、市民の皆さまから愛されるランドマーク施設を目指していく。
アクサは、今後も「すべての人々のより良い未来のために。私たちはみなさんの大切なものを守ります。」というパーパスのもと、地域のステークホルダーの皆さまと連携し、より良い未来づくりに向けて、地球環境を守り、地域社会の持続的発展を支える取り組みを推進してく。
※1:企業等の会議(Meeting)、企業等の行う報奨・研修旅行(Incentive Travel)、国際機関・団体、学会等が行う国際会議(Convention)、展示会・見本市、イベント(Exhibition/Event)の頭文字のこと。多くの集客交流が見込まれるビジネスイベントなどの総称。
※2:LEED は、非営利団体 USGBC(U.S. Green Building Council)が開発、運用し、GBCI(Green
Business Certification Inc.)が認証の審査を行っている、ビルト・エンバイロメント(建築や都市の環境)の環境性能評価システム。LEED認証を受けるためには、グリーンビルディングとして備えるべきいくつかの必須条件(Prerequisite)を満たし、選択項目のポイント(Credit Points) を選んで取得することが必要である。取得したポイントによって認証のレベルが決められ、ゴールドは最高位のプラチナの次に高いレベルとなる。
※3:DBJ Green Building 認証とは、環境・社会への配慮がなされた不動産を支援するために、2011年4月に日本政策投資銀行(DBJ)が創設した認証制度。対象物件の環境性能に加えて、防災やコミュニティへの配慮等を含む様々なステークホルダーへの対応を含めた総合的な評価に基づき、社会・経済に求められる不動産を評価・認証している。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

アクサ生命、埼玉県教育委員会およびエフエムナックファイブと確かな学力の育成・自立する力の育成に関する連携協力協定を締結

生保

アクサ生命、鹿児島県と健康経営および働き方改革の推進に関する連携協定を締結

生保

アクサ生命、「従業員が望むウェルビーイング」に関する意識調査を実施

生保

アクサ生命、「理想とする人生とライフマネジメントに関する調査」を実施

生保

アクサ生命、アクサレディスゴルフトーナメントin MIYAZAKI2024開催

生保

アクサ生命、全国の経営者6,449人に聞いた『社長さん白書2023』を発表

生保

アクサ・ホールディングス・ジャパン、アクサ生命とアクサダイレクト生命を2024年4月に合併へ

生損

アクサ・ホールディングス・ジャパン、2023年グリーン投資を18億ユーロにCO2排出量削減は2019年対比で32%に目標設定

生保

アクサ生命、「営業職員チャネルのコンプライアンス・リスク管理態勢の更なる高度化にかかる着眼点」を踏まえた取組み状況を公表

生保

生保各社、2022年度決算(案)を発表

関連商品