新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、サービス付帯型の発電インバランス費用補償保険を開発

あいおいニッセイ同和損保は、クールトラストが提供するO&M※1サービスを利用する太陽光発電事業者向けに、不足インバランス費用※2を補償する「発電インバランス費用補償保険」を6月より提供する。
※1:Operation & Maintenanceの略称、太陽光発電施設の運用および保守点検
※2:太陽光発電事業者が電力広域的運営推進機関(以下「OCCTO」)に提出した発電計画量に対して発電実績量が不足する場合に生じるコスト
太陽光発電事業者は、電気事業法および託送供給約款に基づいて毎日の発電計画量を前日のうちにOCCTOへ提出する義務を負っている。また、当日の発電実績量が提出した計画量に対して不足した場合、不足電力量に対してペナルティとしての性質を有する不足インバランス費用が発生する。不足インバランス費用は高額になるケースもあり、特に発電実績が気象状況に大きく左右される太陽光発電事業者にとっては大きな事業リスクとなり、太陽光発電事業への新規参入障壁の一つとなっている。
そこで、クールトラストは不足インバランス費用を最小限に抑えるため、できる限り精緻な発電計画を策定できるソリューションとして、AIを活用した発電量予測サービスを6月より提供する。
同社は、当サービスを利用したうえで発生した不足インバランス費用に備える「発電インバランス費用補償保険」を開発し、クールトラストが提供する発電量予測サービスに自動付帯する。
これらの取り組みを通じて、太陽光発電事業への参入障壁を解消し、国内の発電量に占める再生エネルギー比率を高めていくことで、カーボンニュートラルの達成を支援していく。
◆特長
①発電事業リスク低下
・発電量予測サービスを活用することで、不足インバランスの発生を抑制
・サービスに加入することで自動的に保険が付帯されるため、補償条件の事前調整や保険契約手続きなどの煩雑な手続きが不要となり、簡便に事業リスクを低減
・万が一の際の不足インバランス費用に備えることができ、より一層安心して太陽光発電事業に参入することが可能
②発電事業者の信用力強化
・需要家と電力供給契約を締結する際、不足インバランス費用への対策が図られていることを対外的にアピールすることで、需要家からの信用を獲得
③業務負荷軽減
・太陽光発電事業者が担っていた発電量予測業務を軽減

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、冷凍機遠隔監視サービス「D-FAMS」専用保険の販売開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、ADテレマイレージの寄付先に「2024年台湾東部沖地震救援金」を追加

損保

東京海上日動、宇宙旅行を支援する取り組みを開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、早稲田大学商学部に提携講座を開講

損保

楽天損保、「価格.com保険アワード2024年版」でゴルファー向け傷害総合保険「ゴルフアシスト」が第1位を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、【国内初】環境・生物多様性に関する事業リスク定量化アプリの開発を開始

生損

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、森林ファンドに投資~SDGsの実現に貢献

生保

アフラック生命、<はぐくむ子育て保険ボヤージュ>をアフラック販売代理店で取扱開始

生保

SBI生命、クリック定期!Neo発売5周年記念キャンペーンを実施

生保

T&Dフィナンシャル生命、トモニホールディングス2銀行にて『やさしい円ねんきん』の販売を開始

関連商品