新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上日動、いじめやネットトラブルに対応する「トラブル対策費用補償特約」の販売開始

東京海上日動は、近年、学校等におけるいじめやネットトラブルが社会課題となっていることを踏まえ、児童・生徒およびその保護者に更なる安心・安全を提供すべく、いじめ、嫌がらせ等により被害を受けた場合の初期対策や再発防止に要する費用を補償する「トラブル対策費用補償特約」の販売を開始する。
1.背景
近年、学校等におけるいじめや、スマートフォン普及に伴いSNS等のネットトラブルが社会課題となっている。小・中・高等学校および特別支援学校における2021度のいじめ認知件数は、2010年度の約8倍の615,351件に上り、インターネット違法・有害情報相談センターへ寄せられた2021年度の相談件数は2010年度の約5倍になる等、いじめやネットトラブルの件数は大きく増加している。
同社はこれまでも、団体総合生活保険等において、児童・生徒がいじめ、嫌がらせ、ストーカー行為等の被害を受けた場合に、その解決に要する弁護士費用や法律相談費用を補償する「弁護士費用等補償特約(人格権侵害等)」を販売してきたが、トラブルに巻き込まれたお客様をより包括的に守り、更なる安心・安全を提供すべく、新たに団体総合生活保険に付帯する「トラブル対策費用補償特約」の販売を開始する。
2.「トラブル対策費用補償特約」の概要
(1)補償内容
児童・生徒がいじめ、嫌がらせ、ストーカー行為等の被害を受けた場合に、再発防止のための防犯対策費用や、転校、カウンセリングのために負担した費用について、1事故あたり20万円を限度に補償する。
本特約は、既に販売している「弁護士費用等補償特約(人格権侵害等)」とセットで加入できる。これにより、お客様がいじめ等の被害に遭われた際に、「カウンセリング等の初期対策費用から、損害賠償請求等の弁護士費用まで」、トラブル解決に要する様々な費用を包括的にカバーすることが可能となる。
(2)対象契約
学校、PTA等が契約者となり、その児童・生徒等を保険の対象となる方(被保険者)とする団体契約(商品名:団体総合生活保険・こども傷害補償)
(3)販売時期
2023年10月1日保険始期契約から
(4)概算保険料
月額120円
※契約条件によって異なる。
※セットで加入できる「弁護士費用等補償特約(人格権侵害等)」を合わせた保険料となる。
同社は、今後も、児童・生徒およびその保護者を取り巻く様々なリスクや社会課題を踏まえ、最適な商品・サービスの開発・提供を進めることにより、お客様に「安心」と「安全」を届け、お客様の「いざ」を守っていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、冷凍機遠隔監視サービス「D-FAMS」専用保険の販売開始

損保

東京海上日動、宇宙旅行を支援する取り組みを開始

損保

楽天損保、「価格.com保険アワード2024年版」でゴルファー向け傷害総合保険「ゴルフアシスト」が第1位を受賞

生保

アフラック生命、<はぐくむ子育て保険ボヤージュ>をアフラック販売代理店で取扱開始

生保

SBI生命、クリック定期!Neo発売5周年記念キャンペーンを実施

生保

T&Dフィナンシャル生命、トモニホールディングス2銀行にて『やさしい円ねんきん』の販売を開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、京都中央信用金庫にて変額終身保険(災害加算・I型)~販売名称『ハイブリッドあんしんライフ』~の販売を開始

生保

PGF生命、みずほ銀行で「きずなの終身」を販売開始

生保

PGF生命、新たに静岡東海証券と提携

生保

PGF生命、提携金融機関2行で「そだてる年金US」を販売開始

関連商品