新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アイペット損保、ペットの支出に関する調査を実施

アイペット損保は、犬・猫(以下、「ペット」)飼育者の1,100名を対象に、ペットの支出に関するアンケート調査を実施した。
◆調査結果概要
・2022年のペット関連年間支出は「5万円以上~10万円未満」が最多、猫の支出首位に変動、昨年比「増えた」は初の3割超
・一番「支出額が大きい」と感じる項目は「フード、おやつ購入費」、7歳以降の犬と猫で差
・ペット関連支出が増えた理由は「物価上昇」、生活へ影響はあるがペット関連費は削れない
・2023年のペット関連支出の予測、3人に1人は「増えそう」と回答、最も増えそうな支出は犬「病気やケガの診療費」、猫「フード、おやつ購入費」
・ペットの老後にかかる費用「準備をしている」は2割弱、75%が「準備の仕方を知らない」
・ペットの老後費用の備えは「10歳以降」と考える飼い主が最も多い
・ペットが高齢になった際、利用してみたい支出(サービス)は「動物病院の往診」

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アニコム損保、2024年最新版「猫の名前&人気猫種ランキング」を発表

生保

住友生命、スミセイ「わが家の防災」アンケート2024を実施

生保

日本生命、ニッセイインターネットアンケート~「バレンタインデー」について~を実施

損保

アイペット損保、「ペット保険 スプリングキャンペーン」開始

生保

アクサ生命、「従業員が望むウェルビーイング」に関する意識調査を実施

生保

大同生命、中小企業の2023年の振り返りアンケート~課題解決は進展するも道半ば

生保

アクサ生命、「理想とする人生とライフマネジメントに関する調査」を実施

生保

ソニー生命、ダブルケア(子育てと介護の同時進行)に関する調査2024を実施

損保

アイペット損保、人気飼育犬種・猫種ランキング2023を発表

損保

損保ジャパン、「電動キックボードに関する意識調査」を実施

関連商品