新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

メットライフ生命、雲仙市で初の子ども第三の居場所「メットライフ財団支援らたん」開所

メットライフ生命と日本財団が、2023年3月21日(火)に長崎県雲仙市で「メットライフ財団支援らたん」の開所式を行った。これは、子ども第三の居場所として雲仙市で初となるだけでなく、メットライフ財団からの寄付を受けて行う「メットライフ財団×日本財団高齢者・子どもの豊かな居場所プログラム」で開所する子ども第三の居場所としても第1号施設となる。
日本では、未来を担う子ども達の経済・教育格差が拡大することが懸念されており、困難な状況にある子ども達を支援することは喫緊の課題である。子ども第三の居場所は、家庭環境など様々な理由から、困難に直面している子ども達に安心できる放課後の居場所を提供するものである。子ども達の成長に必要な食事、学習習慣、生活習慣の定着を図り、様々な体験の機会をもたらすとともに、地域や専門機関と連携し「地域子育てコミュニティ」のハブとしての機能を担う。
「メットライフ財団支援らたん」は、一般社団法人ひとり親家庭福祉会ながさきの運営により、4月に利用を開始する。子ども達の自己肯定感や社会と関わる力を育てるため、週5日の手厚い支援を行う「常設ケアモデル」として、自治体、学校、ソーシャルワーカー、関係機関などと密に連携していく。本事業は3年後に自治体である雲仙市への運営移管を目指す。なお、メットライフ生命の社員は金融教育プログラムなどのボランティア活動を通じて、子ども達の自立を支援していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】道南うみ街信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始

生保

太陽生命、くつきの森林(もり)『いきもの集まれ大作戦!』を実施

生保

FWD生命、子ども虐待防止『オレンジリボン運動』支援のための募集代理店との協同寄付を実施

協会・団体損保

損保協会、軽消防自動車、高規格救急自動車を全国に12台寄贈

生保

メットライフ生命、広島銀行と共同社会貢献プログラム第34期寄付金を贈呈

損保

アニコム損保、アニコムグループの保護動物シェルター「ani TERRACE」で「老犬ホーム」の運営を開始

生保

かんぽ生命、2024年度ラジオ体操優良団体等表彰受賞者が決定

生保

メットライフ生命、「全国47都道府県大調査2024」の結果を発表

生保

日本郵政、日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命、令和6年7月9日からの大雨災害に対する非常取扱いを実施

損保

損保ジャパン、品川グループ・富山県「立山の自然を守る活動~立山弥陀ヶ原周辺外来植物除去活動~」を実施

関連商品