新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アニコム損保、アニコムと東急不動産、ペットとの暮らしをより豊かにするための業務提携を開始

アニコム損保は、東急不動産株式会社(以下東急不動産)と、ペットとの暮らしをより豊かにするための業務提携(以下本業務提携)を開始した。
■本業務提携の背景
「ペットは家族の一員」という考えの広まりや、コロナ禍における「おうち時間」の増加により、ペット需要は高まりをみせている。ペット関連総市場規模は2021年度に1兆7,187億円となっており、2024年度には1兆8,370億円が見込まれている。住まいにおいても、ペットの家族化が進んだことで、単なる「ペット可」住宅を超え、人とペットが共に健康で幸せに暮らせる「共生型」住宅が関心を集めている。
これまでアニコム損保では、ペット共生型の賃貸マンション「アニコフローラシリーズ」を展開するなど、ペットとの暮らしを豊かにする住まいの提案を行ってきたが、こうした取り組みをより一層強化すべく、本業務提携の締結に至った。
■本業務提携による具体的な取り組み
アニコム損保と東急不動産では、以下の業務を協力して推進していく。
①アニコム損保と東急不動産相互の顧客に向けた商材紹介・価値提供
②東急不動産の物件におけるアニコム損保ほかアニコムグループのサービス利活用
③ペット共生型マンションをはじめとする各種物件の共同検討・開発 等
■東急不動産のペット特化型ルーム
東急不動産が開発・運営している都市型賃貸レジデンス「コンフォリア高島平」にて、2023年1月から新たにペット専用住戸の提供を開始している。大型犬の飼育可能やペットの同居数制限を3頭までにするなど管理規約を改定するとともに、傷がつきにくいペット用フローリングの採用、ドッグランやペット用品が洗えるコインランドリーの設置など、ペットとの暮らしがより豊かになるレジデンスとなっている。また、ペット可マンションでの暮らしにおける注意事項やルールを、ペットマナー動画として住民へ提供する施策も実施している。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アニコム損保、2024年最新版「猫の名前&人気猫種ランキング」を発表

生保

アニコム損保、最新版『人気犬種ランキング2024』を発表

損保

アニコム損保、KDDIと「おもいでケータイ再起動」を共同開催

損保

アニコム損保、イヌのリンパ腫の治療効果を予測する新しい手法を開発

損保

大同火災、テラモーターズと業務提携契約を締結

損保

アニコム損保、クーアンドリク社の調査にあたり外部アドバイザーを設置

生保

ネオファースト生命、INTLOOP株式会社との業務提携によるフリーランス向けの生活保障に関するコンサルティングと保険の提供開始

生保

住友生命、ヘルスケアテクノロジーズが資本・業務提携契約を締結

損保

アニコム損保、2023年オリコン顧客満足度調査ペット保険ランキングの2項目で1位を獲得

生保

富国生命、12月からアニコム損保のペット保険「どうぶつ健保」を取扱いへ

関連商品