新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保協会、ランドクルーザーが2年連続で車名別盗難ワースト1に

損保協会は、24回目となる「自動車盗難事故実態調査」を実施した。
自動車盗難防止対策の一環として、2000年度から自動車車両本体盗難や車上ねらいの実態調査を実施している。
1.実態調査結果(概要)
・2022年の車両本体盗難はランドクルーザーが2年連続で車名別盗難ワースト1
・2022年の車両本体盗難への保険金支払件数は前年より約1割増加
・アルファードが車両本体盗難全体に占める割合が増加傾向
2.実態調査結果(詳細)
(1)車両本体盗難の車名別盗難状況
・2022年の車両本体盗難の車名別盗難状況のワースト1は2年連続でランドクルーザーとなった。ランドクルーザーが車両本体盗難全体に占める割合は、2021年の13.6%から2022年は16.9%と増加傾向にある。
・プリウスは2020年にワースト1、2021年、2022年にはワースト2となるなど、車両本体盗難の被害が特定の車種に集中する傾向が続いている。
・アルファードが車両本体盗難全体に占める割合が増加傾向にあり、今回はワースト3となった。
・2022年の車両本体盗難ワースト10車種合計1,453台のうち、レクサスブランドの被害は284台と約20%を占めている。そのうちレクサスLXが156件と件数が最も多くなっている。
(2)1件あたりの支払保険金の推移
車両本体盗難1件あたりの平均支払保険金は2021年から2022年にかけてほぼ横ばい傾向となっている。
(3)盗難発生時間帯
2022年の車両本体盗難の発生時間帯は「深夜~朝(22~9時)」が57.1%を占め、最も多くなった。「深夜~朝(22~9時)」の割合は2021年と比較すると約2%増加している。窃盗犯は深夜から朝にかけて薄暗い場所で窃盗に及ぶ傾向があると考えられる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

富国生命、2023・2024・2025年度日本経済の見通しを改訂

損保協会・団体

損保協会、損害保険教育情報誌「そんぽジャーナル」第4号を発行

損保協会・団体

損保協会、令和6年能登半島地震に係る地震保険の支払件数・支払保険金等を公表

損保協会・団体

損保協会、2024年度自賠責運用益拠出事業17.6億円を決定

損保

損保協会、令和6年能登半島地震にかかる共同調査の認定結果を公表

損保協会・団体

損保協会、令和6年能登半島地震に係る地震保険の事故受付が約5万件に

損保協会・団体

損保協会、令和6年能登半島地震震にかかる地震保険金の支払い迅速化の取り組み、航空写真・衛星写真を用いた「共同調査」を実施

損保

損保協会、「令和6年能登半島地震」での被災者支援で義捐金を寄贈

損保協会・団体

損保協会、令和6年能登半島地震に関する損保業界の対応について発表

協会・団体損保

損保協会、地震保険の概要や問い合わせ窓口等についてHPで公表

関連商品