新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上ホールディングス、第4回ESGファイナンス・アワード・ジャパンにおける環境サステナブル企業部門「銀賞(環境大臣賞)」を受賞

東京海上ホールディングスは、環境省が主催する第4回ESGファイナンス・アワード・ジャパンにおいて、環境サステナブル企業部門の銀賞(環境大臣賞)を受賞した。
また、同社子会社の東京海上日動が金融サービス部門(保険)の銅賞を受賞した。
1.「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」についてファイナンス・アワード・ジャパン」についてファイナンス・アワード・ジャパン」について
「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」は、ESG金融や環境・社会事業に積極的に取組み、インパクトを与えた企業等について、その先進的取組等を表彰し広く社会で共有することで、ESG金融の普及・拡大につなげることを目的として創設された表彰制度である。
2.受賞概要
同社は、環境関連の機会等を経営戦略に取り込み、企業価値の向上につなげるとともに環境への正のインパクトを生み出している企業を表彰する環境サステナブル企業部門において銀賞(環境大臣賞)を受賞した。
【受賞理由】(環境省発表の受賞理由より引用)
環境課題の解決に積極的に貢献し、環境価値創出に主体的に取り組むことがサステナブルな企業価値向上に繋がるとの考えの下、環境課題に伴うリスク対応がビジネスに直結しており、常に環境課題対応と中長期的な企業価値向上が密接不可分なものとして考慮され、説明されている点を高く評価する。今後は、生物多様性も含めた他の環境課題に対しても、更に踏み込んだ対応が図られることに期待したい。
また、東京海上日動は金融サービス部門(保険)において昨年度に続き銅賞を受賞した。
【受賞理由】(環境省発表の受賞理由より引用)
パーパスにもとづき、保険やサービスの引受を通じて包括的にサステナビリティ課題に取り組んでいる。特に、脱炭素促進サプライチェーンや電欠リスク等に対応した保険を開発・提供する等、新規性の観点で評価された。これらの取組みによるインパクトや実績が来年度以降に明示されることに期待したい。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アニコム損保、15年連続でペット保険の国内シェアNo.1獲得

生保

プルデンシャル生命、J.D.パワー2024年生命保険保全手続満足度調査(SM)にて9年連続の総合満足度第1位を獲得

生保

はなさく生命、日経トレンディ5月号「保険大賞2024」において「はなさく医療」・「はなさく収入保障」が大賞を受賞

損保

ペット&ファミリー損保、日経トレンディ「Insurance Awards2024」ペット保険部門で「ユニーク賞」受賞

生保

イオン・アリアンツ生命、終身医療保険「元気パスポート」が日経トレンディ保険大賞2024において女性向け医療保険部門の“大賞”を受賞

生保

第一生命、「RE100(100%再生可能エネルギー化)」達成企業に認定

生保

FWD生命、「価格.com 保険アワード2024年版」において生命保険収入保障保険部門で 4年連続第1位を受賞

生保

第一生命、国内金融機関で初となるWELL認証最高ランク「プラチナ」を取得

損保

東京海上ホールディングス、「TNFDレポート2024」を発行

損保

セゾン自動車火災、「健康経営優良法人2024」に認定

関連商品