新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

T&Dホールディングス、気候変動リスク分析を高度化

T&Dホールディングスは、KPMGコンサルティング株式会社、有限責任あずさ監査法人および一般財団法人日本気象協会と連携し、気候変動リスク分析を高度化する取組みを行った。
T&D保険グループは、金融安定理事会(FSB:Financial Stability Board)により設置された気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD:Task Force on Climate-related Financial Disclosures)の提言に賛同を表明するとともに、わかりやすい気候関連財務情報の開示に積極的に取り組んでいる。
気候変動リスク分析の高度化の取組みとして、2021年度にはあずさ監査法人と連携し、「移行リスク」の定量的シナリオ分析の一環として、気候変動による投融資ポートフォリオへの影響評価を実施した。
また、2022年度には日本気象協会の高精度な気候変動予測データと分析技術を活用し、「水害による災害犠牲者数」「熱中症搬送数・死亡者数」の将来予測を実施した。T&Dホールディングスは、この将来予測をもとに「物理的リスク」による保険収支への影響の定量的分析を実施し、情報開示を進めていく予定。
同グループは、今後もTCFDの提言をふまえた情報開示を充実させることにより、持続可能な社会の実現に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】桑名三重信用金庫と2023年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】中日信用金庫および埼玉縣信用金庫と2023年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

共済

日本生協連、全国生協とSDGsの実現を目指し「コープサステナブルアクション」第二弾を展開

生保

T&Dホールディングス、「サステナビリティステートメント」更新、CO2株出量削減目標を見直し

生保

T&Dホールディングス、2024年3月期決算を発表

生保

SOMPOひまわり生命、TBS主催「地球を笑顔にする広場2024春」「Seeder~笑顔のタネをまく人~」ブースへ協賛

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】新潟信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始

生損

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、森林ファンドに投資~SDGsの実現に貢献

生保

T&Dホールディングス、<設立20周年記念事業>企業版ふるさと納税による寄付を実施

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】姫路信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始

関連商品