新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン、八潮市との『包括連携協定』を締結

損保ジャパンは、埼玉県八潮市の市民サービスの向上と地域社会の活性化を推進するため、八潮市と『包括連携協定』を2023年1月18日に締結した。
1.背景・経緯
損保ジャパンは、お客さまの安心・安全・健康な暮らしを支える保険会社として、SDGsの取組みを推進している。その取組みのひとつとして、SOMPOグループ全体の幅広いネットワークや専門的なノウハウなど、地域活性化と市民サービスの向上に貢献するため、八潮市に包括連携協定を提案し、このたびの協定に至ったものである。
2.協定の目的
八潮市と損保ジャパンは、それぞれが保有する知的・人的資源を有効に活用し、相互の連携および協力を強化することで地域の諸課題に迅速かつ適切に対応し、活力ある個性豊かな地域社会の形成と発展、市民サービスのより一層の向上に取り組む。
3.協定の主な内容
損保ジャパンの強みや特徴を生かせる以下の分野において業務連携を行う。
(1)地域の安全・安心・災害対策に関すること
(2)高齢者・障がい者支援に関すること
(3)健康増進に関すること
(4)子育て支援及び青少年の育成に関すること
(5)地域産業の振興に関すること
(6)その他市民サービスの向上及び地域社会の活性化に関すること
4.今後について
八潮市と損保ジャパンは、「災害に強い地域社会づくりを目指した防災教育『SOMPO逃げ地図づくりワークショップ』」を協働で試行開催している。今後、市民のみなさまの防災意識の向上と世代間のリスクコミュニケーション促進に向けて、展開していく。
また、損保ジャパンは、今後も地方自治体と連携しながら、各地域がそれぞれの特徴を活かした自律的で持続的な社会を創生することに貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、AI教習所、安心で安全な運転を支えるエコシステム「運転の人間ドック」構想の実現を目指して、共同研究を開始

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、GHG排出量を衛星画像で解析するMomentick社と実証実験を開始

生保

第一生命ホールディングス、丸紅による不動産事業分野における戦略的提携に関する覚書を締結

損保

損保ジャパン、洋上風力発電所リスク評価モデルを刷新、保険引受の高度化に活用

損保

損保ジャパン、戦略子会社少額短期保険「Mysurance」の累計契約件数が100万件突破

損保

損保ジャパン、乗合代理店と保険会社間で発生した保険契約情報の不適切な情報管理が発覚

生保

住友生命、東京大学などと共同で新たな一般社団法人「WE AT」を設立

損保

損保ジャパン、ステーブルコインやデジタルウォレットに関連するWeb3領域のサイバーリスク対策においてみんなの銀行との共同検討を開始

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、トラック滞留時間可視化サービス提供および事故査定業務での活用検証

生保

日本生命、木造営業拠点「群馬富岡オフィス」を新築

関連商品