新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

イーデザイン損保、高齢化社会の運転寿命延伸に向けて、脳の健康度による運転挙動の特徴をデータ解析

イーデザイン損保は、より長く安全に運転を楽しめる社会の実現に向けて、自動車保険「&e(アンディー)」(以下「&e」)のお客さま向けに、エーザイ株式会社(以下「エーザイ社」)が提供する脳の健康度のセルフチェックツール「のうKNOW(R)(※)」(以下「のうKNOW」)を利用できるサービスを、&eアプリ上で定期的に配信している。
今般、「のうKNOW」を実施した50歳以上のお客さまの脳の健康度と&eアプリから得られた運転データの関係を分析したところ、交差点付近における「スピード超過回数」や「急加速回数」などの危険挙動発生数の多寡が脳の健康度別に異なることが分かった。
今後も安全運転促進と運転寿命の延伸をめざし、&eのお客さま向けに脳の健康度のセルフチェック「のうKNOW」を継続して提供するとともに、高齢化社会の課題解決に貢献していく。
疾病の予防や診断を目的としたものではなく、健康意識を高めるために行っていくことを目的としている。
1.脳の健康度と運転挙動の関係について
(1)分析内容
①対象としたお客さま
2022年7月および10月に&eアプリを通じて「のうKNOW」を約2,000名に実施した。その中から「のうKNOW」の結果について、既存研究を参考にして実年齢が50歳以上のお客さまを分析対象とした。
②分析したデータ
a. 脳の健康度を表す指標である「脳年齢」「集中力スコア」「記憶力スコア」
「のうKNOW」では、スマートフォン等を用いた簡便なトランプテストによって、脳の反応速度、注意力、視覚学習および記憶力を短時間(約15分)でチェックすることができる。テスト実施後には、脳年齢、集中力スコア、記憶力スコアがそれぞれ表示される。
b. 運転データ
&eのお客さまに配布しているセンサーで検知した急加速、急ハンドル、急ブレーキなどの危険挙動や走行距離などの情報である。なお、2022年5月1日~2022年10月17日の期間に取得した運転データを対象としている。
(2)分析結果
今回の分析結果では、脳の健康度別に運転挙動に以下の通り違いが見られた。
①脳年齢との関係
②集中力スコアとの関係
③記憶力スコアとの関係
2.今後の取り組みについて
本分析で得られた結果については、お客さまの脳の健康度と日常の運転行動特性に応じた安全運転支援のサービス開発につなげていく予定である。
今後もお客さまに定期的に脳の健康度をチェックする機会を提供し、脳の健康を日常的に気遣うきっかけにしてもらいたいと考えている。
引き続き、同社ではエーザイ社と連携しながら、運転寿命の延伸を目指して新たなサービスの開発に取り組んでいく。
同社はこれからも、お客さまとともに保険業界の新しいかたちをつくることを目指して取り組んでいく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

イーデザイン損保、阿部サダヲさんが新CMに出演、6月20日からWeb公開・全国でもOA予定

生保

メットライフ生命、日本MIT会の記念イベントに協賛

損保

イーデザイン損保、共創する自動車保険「&e(アンディー)」が第16回日本マーケティング大賞奨励賞を受賞

損保

三井住友海上、Frontier Innovationsが組成する宇宙ファンドに出資

生保

明治安田生命、“明治安田ふるさと関西を考えるキャンペーン49年目”冊子「関西元気百景」を発行

損保

三井住友海上、労務相談サービス「MSコンパス×無料de顧問」を提供開始

損保

アイペット損保、うちの子エポスカードが新登場

生保

第一生命ホールディングス、丸紅による不動産事業分野における戦略的提携に関する覚書を締結

損保

イーデザイン損保、NTTCom、生成AIを活用した顧客接点の高度化の実証実験を実施

損保

イーデザイン損保、YouTube特別企画「保険にあれこれツッコミ隊」配信開始

関連商品