新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、冬季事故予防アラートサービスの提供開始

三井住友海上は、12月から北海道地域で冬季事故予防アラートサービスの提供を開始する。
本サービスは、火災保険の水道管凍結破損事故データと落雪事故データをもとに開発した冬季事故の発生予測AIを通じて、水道管凍結破損事故および落雪事故の発生が予想される火災保険契約者へ事前アラートを送信する。
1.開発の背景
水道管の凍結破損による漏水事故や家屋で発生する落雪事故は、寒冷地域特有の課題である。特に、築年数が古い日本の家屋やマンションでは水道管の老朽化等に伴い、水道管の凍結破損による漏水事故が増加している。
同社は、長年蓄積した火災保険の事故データを分析し、気象条件、築年数、構造等さまざまなデータを組み合わせることにより、事故発生リスクを判定する研究を進めてきた。
この研究成果をもとに、水道管の凍結破損事故および落雪事故の発生予測AIを開発し、お客さまに事前アラートを送信する取組を開始した。本アラートを受信したお客さまに、事故発生防止対策を実施することにより、寒冷地域特有の事故の減少を目指す。
2.実施概要
①対象者
北海道地域の火災保険契約のうち携帯電話番号の登録があるお客さま
②実施期間
2022年12月中旬~2023年3月末
③効果検証
アラートの送信履歴データと事故発生データを組み合わせて分析することにより、アラートの有効性を検証するとともに、次年度以降に向けた改善を行う。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

東京海上日動あんしん生命、新商品「特定疾病・障害・介護保障定期保険『あんしんプレミアム定期』」を発売

損保

三井住友海上、労務相談サービス「MSコンパス×無料de顧問」を提供開始

生保

メディケア生命、限定告知型医療終身保険(無解約返戻金型)(24)「新メディフィットRe」を発売

損保

三井住友海上、「日本パラ陸上競技選手権大会」砲丸投・円盤投で神下 豊夢選手が優勝

生保

PGF生命、常陽銀行で「円ぴた終身US」を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、三菱UFJ銀行を通じ、『夢つながるねんきん2』を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、『夢ふくらむ終身』、『夢ふくらむ終身介護plus』を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、『指定通貨建終身保険』、『指定通貨建特別終身保険』を改定し、販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、野村證券を通じ、『ニッセイ・ウェルスえらべる介護終身保険〈円建/外貨建〉告知コース・無告知コース』を改定し、販売開始

損保

東京海上日動、Finatextバックオフィス業務のシステムにおいてスタートアップ・中小企業向け組込型保険の提供を開始

関連商品