新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、Uber Eatsを活用したデリバリー型の社員食堂を開始

三井住友海上は、Uber Japan株式会社が提供する法人向けサービス「Uber for Business」を活用し、12月から大阪淀屋橋ビルにて、Uber Eatsによるデリバリー型社員食堂を開始する。
社員がUber Eatsを気軽に、低コストで利用することが可能になり、あわせて食事メニューの栄養バランスや温室効果ガス排出量等の環境負荷を可視化し、社員の健康増進とサステナブルな食生活をサポートする。
1.背景
同社は、近年、場所に捉われない柔軟な働き方を推進し、スマートワークが社員に定着してきた。
また、働きやすい環境で仕事をしたいという社員の声を反映し、「自律的・創造的な働き方を促進し、カルチャー変革を実現する」「働きがいを感じワクワクできる空間」をコンセプトに、オフィス環境の整備に取り組んできた。
こうした社員の新しい働き方に対応するため、同社とUber Eatsが2020年9月に締結した包括連携協定※1を発展させ、社員がいつでもどこでも気軽に活用できるデリバリー型の社員食堂としてUber Eatsを導入した。
※1:2020年9月1日ニュースリリースUber Eatsとの包括連携協定の締結について
2.取組概要
大阪淀屋橋ビル内のMeet up Space※2に「Uber Eats専用席」を設置し、社員は昼食時にUber Eatsを気軽に利用できるようになる(国内企業初)。
またMeet up Spaceには、新たに「大型デジタルサイネージ」を設置する。デジタルサイネージでは、Uber Eatsの多様な飲食メニューの中から、「人気ランキング」やメニューごとの栄養バランスや「Myエコものさし※3」を活用した環境負荷を可視化した「健康増進メニュー」等を表示し、社員の食生活の改善やサステナブルな食生活をサポートする。
※2:「Meetup」には、社員の集いの場となり、偶然の出会いにより、コミュニケーションや新しい発想が生まれるように、との願いを込めている。全国7拠点(駿河台新館、札幌MTビル、横濱ゲートタワー、名古屋ビル、大阪淀屋橋ビル、高松ビル、福岡赤坂ビル)に設置しており、順次拡大予定である。
※3:クオンクロップ株式会社が提供する「食と農」×「サステナビリティ」という重大な社会課題の解決に資するサービスである。ビッグデータの分析により、メニューごとの環境負荷や栄養バランスを可視化し、健康的でサステナブルな食生活を後押しする。
<ポイント>
(1)Meet up SpaceのUber Eats専用席にて食事が可能
(2)配送手数料0円。支払いは給与天引きのため、代金決済の手間も不要
(3)在宅勤務時は自宅から利用可能
(4)健康増進メニューやメニューごとの環境負荷をデジタルサイネージで可視化
3.今後の展望
本取組は、大阪淀屋橋ビルでの導入を皮切りに、今後、全国の拠点への展開を検討していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、Frontier Innovationsが組成する宇宙ファンドに出資

損保

MS&ADホールディングス、子会社による金融庁への業務改善計画に係る報告書を提出

損保

三井住友海上、労務相談サービス「MSコンパス×無料de顧問」を提供開始

損保

三井住友海上、「日本パラ陸上競技選手権大会」砲丸投・円盤投で神下 豊夢選手が優勝

生保

第一生命ホールディングス、丸紅による不動産事業分野における戦略的提携に関する覚書を締結

損保

三井住友海上、若手社会人の7割が感じる「挑戦」へのハードルを毎日の小さな取組で解消する「やってみるカメ?プロジェクト」始動

損保

三井住友海上、「2024世界柔道選手権大会」男女混合団体戦玉置桃選手が出場!日本代表チームが金メダル

損保

三井住友海上、ドライブレコーダー映像を活用した消防・救急活動の実証実験を開始

損保

三井住友海上、事故対応に生成AIの文章要約技術を導入

損保

三井住友海上、保険代理店と保険会社間の情報漏えいが判明

関連商品