新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保協会、第19回「ぼうさい探検隊マップコンクール」入選作品決定

損保協会は、第19回「小学生のぼうさい探検隊マップコンクール」の入選作品(入賞22作品・佳作50作品)を決定した。
新型コロナウイルス感染拡大の影響があったものの、全国の小学校、子ども会、児童館など410団体から6,137人が参加し、1,179作品が寄せられた。
応募作品の傾向として、まち歩きを通じて分かった事柄を図表やイラストなどにまとめるだけでなく、自らが抱いた疑問を調査・研究したことが読み取れる作品が多数あり、いずれも力作ばかりだった。また、マップの作成を通じて、自治体等に対して高いブロック塀の撤去、台風などで破損した道路設備の修繕、夜間に暗がりになる道路の街灯設置など具体的な改善点を提言する作品も多く、子どもならではの視点から、地域をより安心・安全なまちにしたいという熱意が強く感じられた。
保護者や指導者からは、ぼうさい探検隊を実施したことで、「地域の方や専門家から、自らが住む地域の特性等について聞いて学んだ内容がマップに表現されており、子どもたちの安全意識の向上が見られた」、「地域への関心や愛着を持つきっかけになった」といった感想があった。
入賞22作品については、審査員の講評等を取りまとめた表彰動画を、2023年1月下旬に同協会ホームページで公表する予定である。
「小学生のぼうさい探検隊マップコンクール」とは
子どもたちがまちを探検しながら、まちにある防災、防犯、交通安全に関係のある施設や設備を発見し、マップにまとめる実践的安全教育プログラムである。2004年から、毎年、マップコンクールを開催し、優れたマップを表彰している。

関連記事(保険業界ニュース)

損保協会・団体

損保協会、令和6年能登半島地震に係る地震保険の支払件数・支払保険金等について(2024年5月31日現在)

損保

損保協会、協会長ステートメントを発表

損保

アニコム損保、2024年ファイナンシャルプランナーが評価したペット保険ランキング「保険金・給付金」で1位を獲得

損保

損保協会、「損保一般試験」(募集人試験)の教育テキストをデジタル化

協会・団体損保

損保協会、兵庫県を中心とした令和6年4月16日の降雹に係る損害保険の支払件数・保険金等を発表

損保協会・団体

損保協会、令和6年能登半島地震に係る地震保険の支払件数9万4,728件、支払保険金等848億8827.9万円に

損保

MS&ADホールディングス、MS&ADベンチャーズのマネージングパートナーが「世界の優れたシード投資家(Seed100)」に選出

損保協会・団体

損保協会、2023年度に発生した風水災等に係る各種損害保険の支払件数・支払保険金等について

生保

マニュライフ生命、「HDI格付けベンチマーク」で8年連続の最高評価コールセンターの応対品質で三つ星を獲得

生保

SOMPOひまわり生命、日経クロスウーマン2024年版「共働き子育てしやすい企業ランキング」にて第2位を獲得

関連商品