新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アニコム損保、ペット防災専門情報サイト『どうぶつ防災図鑑』オープン

アニコム損保(以下 アニコム)は、2022年12月8日、ペット防災専門の情報サイト『どうぶつ防災図鑑』をオープンした。
『どうぶつ防災図鑑』
▶https://www.anicom-sompo.co.jp/bousai/
■「自分もペットも守る」新しい防災を目指す情報サイト
日本は災害大国と言われている。地震や津波、大型台風や集中豪雨による河川の氾濫や土砂災害といった風水害など、自然災害が私たちの生活に甚大な被害をおよぼすリスクが数多く存在する。そうした日本でペットと暮らすにあたり、万が一災害が発生してもペットを守れるよう平時から準備することは飼い主の責任である。
その上で、災害時に一番守らなくてはならないのは、モノでも財産でもなく命である。そして、それは人もペットもすべての命にあてはまるとアニコムは考える。
万が一のときに「ペットを置いて自分だけ避難するなんてできない」と飼い主とペットどちらも被害にあってしまう、あるいは泣く泣くペットを置いていく…そうした事態を少しでも減らせるように、『どうぶつ防災図鑑』ではペット防災に関する情報提供や啓発を通じて、「自分もペットも守る」新しい防災の形の実現を目指す。
■ペットの種類ごとの対策や実際の災害の様子など、ペット防災に関する様々な情報を掲載
『どうぶつ防災図鑑』は、ペットの飼い主が災害に備えて知っておきたい様々な情報を学べるサイトである。 災害への備えや対策すべき内容は、ペットの種類によって共通する部分もあれば、異なる部分もある。
そこで、どのようなペットと暮らす方でも知っておいてもらいたい情報(「みんなの読みもの」)と、犬・猫・エキゾチックアニマルといったペットの種類ごとの情報(「犬飼いさんへ」「猫飼いさんへ」「エキゾ飼いさんへ」)にカテゴリーを分け、体系的に知識を深めることを目指す。
また、アニコムグループが過去に行った被災地支援の報告(「災害支援」)も掲載し、実際の被災地の様子を知ることで「自分だったらどうするか」を考えてもらうきっかけを提供する。
■日頃の備えを考えるきっかけに
2022年6月にアニコムがペット保険の契約者に対して行ったペットの防災対策に関するアンケートによると、半数の方がペットの防災について「全く対策していない」「あまり対策していない」と回答した。またペットと一緒に被災・避難した経験があるかを聞いたところ、ほとんどの方が「ない」と回答している。
もちろん被災経験がないに越したことはないが、経験がない分どのような対策を行えばいいかわからないといった声も聞かれる。こうした声に応え、『どうぶつ防災図鑑』ではペット防災に関する様々な情報提供を通じ、ペットの飼い主に日頃の備えについて考えるきっかけを提供し、ペット防災に関する周知・啓発を行っていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ジブラルタ生命、ベルマーク運動への支援金額が1億円を達成~生命保険会社初

生保

明治安田生命、“明治安田ふるさと関西を考えるキャンペーン49年目”冊子「関西元気百景」を発行

生保共済

日本生協連と石川県生協連、「令和6年能登半島地震」による被災県への支援金として300万円を石川県社会福祉協議会へ贈呈

損保

三井住友海上、労務相談サービス「MSコンパス×無料de顧問」を提供開始

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】中日信用金庫および埼玉縣信用金庫と2023年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

明治安田生命、山口県内の小中学生の体力向上に資するプロジェクトをスタート

損保

アニコム損保、第九回「どうぶつ川柳」募集開始

損保

アイペット損保、うちの子エポスカードが新登場

損保

MS&ADインシュアランスグループホールディングス、台湾東部沖地震被災者支援で寄付

生保

東京海上日動あんしん生命、「遺児への教育支援」2025年度支援対象者募集開始

関連商品