新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、経済産業省「DX認定」を取得

三井住友海上は、2022年9月に改訂された「デジタルガバナンス・コード2.0」に対応する「DX認定」を、12月1日に取得した。
これは、DXのさらなる促進に向けた「デジタル人材の育成・確保」など、同社の積極かつ網羅的な取組みが評価されたものである。
今後も、デジタル変革に継続的に取り組むとともに、MS&ADグループ一体でデジタル技術を活用した社会変化への対応を進めていく。
1.制度の概要
DX認定制度は、デジタルガバナンス・コードに沿った行動に踏み出し、デジタル技術による社会変化へ対応していく準備が整った企業を経済産業大臣が認定するものである。ステークホルダーとの対話に積極的な企業を可視化することで、企業のデジタル変革を促す。
※1:詳細は、情報処理推進機構(IPA)のWebサイトを参照。
https://www.ipa.go.jp/ikc/info/dxcp.html
※2:DXに関する企業の自主的取組を促すため、デジタル技術による社会変革を踏まえた経営ビジョンの策定・公表といった経営者に求められる対応を取りまとめたものである。2022年9月改訂版(2.0)では、「デジタル人材の育成・確保」がDX認定の基準に追加された。
2.認定のポイント
同社は「中期経営計画(2022-2025)」において、目指す姿を「未来にわたって、世界のリスク・課題の解決でリーダーシップを発揮するイノベーション企業」と定め、その実現に向け、社会と同社のサステナビリティを同時実現する「サステナビリティ・トランスフォーメーション(SX)」を進めている。
テクノロジーを活用して新たなビジネスや商品・サービスを創造する人財の育成プログラムを、大学と連携し多数用意するなど、一連の同社取組が、①経営ビジョン・ビジネスモデル、②戦略、③成果と重要な成果指標、④ガバナンスシステムの4つの観点で評価された。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、労務相談サービス「MSコンパス×無料de顧問」を提供開始

損保

三井住友海上、「日本パラ陸上競技選手権大会」砲丸投・円盤投で神下 豊夢選手が優勝

損保

アニコム損保、2024年ファイナンシャルプランナーが評価したペット保険ランキング「保険金・給付金」で1位を獲得

損保

三井住友海上、若手社会人の7割が感じる「挑戦」へのハードルを毎日の小さな取組で解消する「やってみるカメ?プロジェクト」始動

損保

三井住友海上、「2024世界柔道選手権大会」男女混合団体戦玉置桃選手が出場!日本代表チームが金メダル

損保

三井住友海上、ドライブレコーダー映像を活用した消防・救急活動の実証実験を開始

損保

三井住友海上、事故対応に生成AIの文章要約技術を導入

損保

三井住友海上、保険代理店と保険会社間の情報漏えいが判明

損保

三井住友海上、「2024世界柔道選手権大会」で玉置 桃選手が銅メダルを獲得

損保

三井住友海上、高校生向け「損保版金融リテラシー教育の出前授業」を提供開始

関連商品