新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上ホールディングス、自己株式取得に係る事項を決定

東京海上ホールディングスは、11月18日開催の取締役会において、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づき、下記のとおり自己株式を取得することを決議した。
1.自己株式の取得を行う理由
機動的な資本政策を遂行するため。
2.取得の内容
(1)取得する株式の種類 同社普通株式
(2)取得する株式の総数 25,000,000株(上限)
(発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合1.2%)
(3)株式取得価額の総額 500億円(上限)
(4)自己株式の取得期間 2022年11月21日~2023年3月24日

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、「日本生命トランジション・ファイナンス実践要領」を策定

損保

セゾン自動車火災、10月に本社オフィスを移転

損保

損保各社、お客様本位の業務運営に関する2023年度取組状況を公表

生保

生保各社、お客様本位の業務運営に関する2023年度取組状況を公表

損保

富国生命、名古屋シミズ富国生命ビルが竣工・開業

損保

SOMPOホールディングス、中期経営計画(2024年度~2026年度)を策定

損保

東京海上ホールディングス、「資産運用立国」の実現に向けた東京海上グループの取り組みについて

生保

日本郵政グループ、各社のサービスを1つのIDで~「ゆうID」で新たなお客さま体験を~

生保

太陽生命、「渋谷二丁目17地区市街地再開発事業」で複合施設渋谷アクシュを7月8日開業

損保

大同火災、事業活動におけるGHG(温室効果ガス)排出量を開示

関連商品