新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大同火災、コールセンターにおける多言語対応を開始

大同火災は、コールセンター(事故受付センター、ゆいゆいサポートセンター)における多言語対応サービスを開始する。
本サービスは、自動車事故の連絡やロードサービスの依頼において、日本語によるコミュニケーションが困難な場合にも、通訳オペレーターを介して多言語でのやり取りを可能とするものである。
■サービス導入の背景
2022年10月からの台北-那覇の直行便再開等、インバウンドが再開し、今後訪日外国人観光客が増加していくことが見込まれる。このような環境変化を受け、コールセンターにおいても多言語対応のニーズが高まっていることから、対応サービスを拡充することとした。
なお、3か国語(4言語)からスタートするが、利用状況に応じて対応言語は拡充していく予定である。

 

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、“明治安田ふるさと関西を考えるキャンペーン49年目”冊子「関西元気百景」を発行

損保

三井住友海上、労務相談サービス「MSコンパス×無料de顧問」を提供開始

損保

アイペット損保、うちの子エポスカードが新登場

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】iDeCo(個人型確定拠出年金)の運営管理手数料を無料に

損保

SBI損保、【損保業界初】自動車保険の法人契約者へ睡眠障害リスク計測サービス「Sleep Doc」の無償提供を開始

損保

アニコム損保、オンライン保険金請求サービスの提供を開始

損保

大同火災、一般事業主行動計画(次世代法・女性活躍推進法 一体型)を公表

損保

大同火災、インターネット事故受付(火災保険)をリリース

損保

三井住友海上、高校生向け「損保版金融リテラシー教育の出前授業」を提供開始

損保

大同火災、事業活動におけるGHG(温室効果ガス)排出量を開示

関連商品