新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保協会、「次の大災害に備える!ハードウエア・ソフトウエアそしてヒューマンウエアが日本を救う」パネルディスカッションを開催

損保協会は、10月22日(土)・23日(日)に兵庫県神戸市で開催された、内閣府等主催の総合防災イベント「ぼうさいこくたい2022」に参画した。
損保協会では、本イベントの中で、「次の大災害に備える!ハードウエア・ソフトウエアそしてヒューマンウエアが日本を救う」をテーマとして、室﨑益輝氏(減災環境デザイン室顧問/兵庫県立大学特任教授)による基調講演とパネルディスカッションを開催した。阪神・淡路大震災や東日本大震災などを経て進歩したことや、次の大災害の課題などについて各分野の有識者とともに改めて考え、次の大災害に必要な人間や地域の備え等について提言するとともに、地震保険による備えの重要性を伝えた。
・日時 10月23日(日)12:30~14:00
・会場 人と防災未来センター東館心のシアター
・協力 株式会社サンテレビジョン、東京メトロポリタンテレビジョン株式会社
・参加者数 160名(現地参加者数87名、YouTube最大同時接続者数73名)
・登壇者
◆基調講演「次の大災害に備える~減災のリアルを求めて~」
・室﨑益輝氏(減災環境デザイン室顧問/兵庫県立大学特任教授)
◆パネルディスカッション
<コーディネーター>
・室﨑益輝氏(減災環境デザイン室顧問/兵庫県立大学特任教授)
<パネリスト>
・武田真一氏(宮城教育大学特任教授/3.11メモリアルネットワーク代表)
・大牟田智佐子氏(毎日放送報道情報局/兵庫県立大学客員研究員)
・伊豆原孝氏(日本損害保険協会常務理事)
<司会>
・藤岡勇貴氏(サンテレビニュースキャスター)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ 2024」公演開始

共済

日本生協連、全国生協とSDGsの実現を目指し「コープサステナブルアクション」第二弾を展開

損保

損保協会、「損保一般試験」(募集人試験)の教育テキストをデジタル化

損保協会・団体

損保協会、兵庫県を中心とした令和6年4月16日の降雹に係る損害保険の支払件数・保険金等を発表

損保協会・団体

損保協会、令和6年能登半島地震に係る地震保険の支払件数9万4,728件、支払保険金等848億8827.9万円に

協会・団体損保

損保協会、2023年度に発生した風水災等に係る各種損害保険の支払件数・支払保険金等について

生保

富国生命、「日比谷音楽祭」に協賛

損保共済

こくみん共済coop〈全労済〉、「防災・減災」を楽しく学ぶイベント『もしもFES名古屋2024』名古屋・栄で5月18日(土)-19日(日)開催決定

生保

SOMPOひまわり生命、TBS主催「地球を笑顔にする広場2024春」「Seeder~笑顔のタネをまく人~」ブースへ協賛

協会・団体損保

損保協会、令和6年能登半島地震に係る地震保険の支払件数・支払保険金等を発表

関連商品