新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、【業界初】電気自動車等買替費用特約を開発

三井住友海上ならびに、あいおいニッセイ同和損保は、事故により契約の車をガソリン車からEV等へ買い替える際に発生する費用を補償する「電気自動車等買替費用特約」を業界で初めて開発※1し、2023年1月以降の保険始期契約から販売を開始する。
また、MS&ADインターリスク総研は、新たな特約の販売に併せて、企業によるEV等への買替計画の策定等を支援する「電動車導入計画策定支援」の提供を開始する。
MS&ADインシュアランスグループは、本特約・サービスの提供を通じて、脱炭素社会の実現に貢献していく。
※12022年11月時点、同社グループ調べ
1.開発の背景
脱炭素社会の実現に向けた取組みは世界中で加速しており、日本国内においても、EV等の「クリーンエネルギー自動車」の導入を計画・推進する企業が増加している。
一方、事故発生時にEV等へ買替えをする場合、その車両価格はガソリン車と比べて高額となる傾向にあり、EV等への買替えを躊躇させる一因となっている。
また、EV等への買替えによるCO2削減量を定量的に算定し、買替計画を策定することで、企業として社会的責任を果たしたいというニーズがある。
このような背景を踏まえ、三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保は、企業によるEV等への買替取組を新たな保険・サービスで支援することを目指し、「業界初」となる特約およびサービスを開発した。
2.商品・サービスの概要
(1)電気自動車等買替費用特約について
新車特約をセットした車(ガソリン車)が大きな損害を被りEV等への買替えを行った場合で、その費用が新車保険価額を上回るときに「新車保険価額+100万円」を限度に保険金を支払う。
(2)「電動車導入計画策定支援」について
MS&ADインターリスク総研が、利用企業における電動車導入計画の策定ならびに電動車導入による社有車起因のCO2排出削減量を算定する。CO2排出削減目標について、具体的な時期ごとの数値を定めることで、企業の計画的なカーボンニュートラル取組みをサポートする。
3.今後の展開
今後もクリーンエネルギー自動車の導入・活用を支援する商品・サービスの開発等により、脱炭素社会の実現といった社会課題の解決に資する取組みを進めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

PGF生命、常陽銀行で「円ぴた終身US」を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、三菱UFJ銀行を通じ、『夢つながるねんきん2』を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、『夢ふくらむ終身』、『夢ふくらむ終身介護plus』を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、『指定通貨建終身保険』、『指定通貨建特別終身保険』を改定し、販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、野村證券を通じ、『ニッセイ・ウェルスえらべる介護終身保険〈円建/外貨建〉告知コース・無告知コース』を改定し、販売開始

損保

東京海上日動、Finatextバックオフィス業務のシステムにおいてスタートアップ・中小企業向け組込型保険の提供を開始

損保

日新火災、「マンション管理適正化診断サービス」の診断件数が累計20,000件突破

生保

三井住友海上プライマリー生命、信用金庫の業界制度商品に『しんきんらいふ終身MSP<しあわせ、ずっと3>』、『しんきんらいふ終身MSP<おおきな、まごころ2>』を追加

損保

三井住友海上、若手社会人の7割が感じる「挑戦」へのハードルを毎日の小さな取組で解消する「やってみるカメ?プロジェクト」始動

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】iDeCo(個人型確定拠出年金)の運営管理手数料を無料に

関連商品