新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、「ブルーエコノミープロジェクト」始動

三井住友海上は、自然資本・生物多様性の保全や脱炭素化に伴う中長期的な社会変革を視野に入れ、「ブルーエコノミープロジェクト」を始動する。
残されたフロンティアの1つ「海洋海底」において、経済活動や脱炭素化、海洋生態系の保全の取り組みによって新たに生じるリスクを分析し、ブルーエコノミーの発展を支える保険商品・サービスの開発を、社内外の組織を横断した体制で推進する。
同社は、リスクソリューションのプラットフォーマーとして、サステナビリティ・トランスフォーメーション(SX:同社と社会のサステナビリティの同時実現)を推進し、海洋海底における社会課題の解決や関連産業の発展に貢献していく。
◆取組の概要
(1)新たな商品・サービス等の開発
海洋生態系の保全等「自然資本のサステナビリティ向上」、海洋海底における再生可能エネルギーやネガティブエミッション技術等「気候変動・脱炭素化への対応」、海洋データやAI等を活用した「海洋・海底事業のDX化への対応」をテーマにした取り組みによって新たに生じるリスクを分析し、ブルーエコノミーの発展を支える保険商品・サービスを開発する。
(2)社内外横断の推進体制構築
船舶営業部海洋エネルギー室と企業営業推進部、公務開発部、営業推進部、ビジネスデザイン部を中心とした部門横断メンバーでプロジェクトチームを構成し、グループ会社であるMS&ADインターリスク総研や外部企業のPwCコンサルティング合同会社等との協業を行う。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、Frontier Innovationsが組成する宇宙ファンドに出資

損保

MS&ADホールディングス、子会社による金融庁への業務改善計画に係る報告書を提出

損保

三井住友海上、労務相談サービス「MSコンパス×無料de顧問」を提供開始

損保

三井住友海上、「日本パラ陸上競技選手権大会」砲丸投・円盤投で神下 豊夢選手が優勝

損保

三井住友海上、若手社会人の7割が感じる「挑戦」へのハードルを毎日の小さな取組で解消する「やってみるカメ?プロジェクト」始動

損保

三井住友海上、「2024世界柔道選手権大会」男女混合団体戦玉置桃選手が出場!日本代表チームが金メダル

損保

三井住友海上、ドライブレコーダー映像を活用した消防・救急活動の実証実験を開始

損保

三井住友海上、事故対応に生成AIの文章要約技術を導入

損保

三井住友海上、保険代理店と保険会社間の情報漏えいが判明

損保

三井住友海上、「2024世界柔道選手権大会」で玉置 桃選手が銅メダルを獲得

関連商品