新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、MS Amlin Underwriting Limitedによる英国健全性監督機構と合意

三井住友海上の英国子会社であるMS Amlin Underwriting Limited(以下、MS AUL)は、英国健全性監督機構(以下、PRA)との間で、今般、9,695千英ポンドの課徴金支払に合意した。
本件は、Amlinplc(旧アムリン持株会社)が同社による買収(2016年2月)以前に開始した事業運営体制に関し、同社子会社であるMSAULの企業統治が2019年まで十分でなかったとの指摘および課徴金の支払いについて通知を受けたものである。
同社は、MS AULとともにPRAによる調査に対し、誠実に対応してきた。
同社およびMS AULは、これまでPRAと協議しながら上記問題の解消に向け、MS AULの企業統治の強化を積極的に進め、指摘を受けた諸課題への改善取組は完了しているとのPRA評価を得ている。
今後も海外拠点と連携し、企業統治の実効性確保と事態の再発防止に努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、労務相談サービス「MSコンパス×無料de顧問」を提供開始

損保

三井住友海上、「日本パラ陸上競技選手権大会」砲丸投・円盤投で神下 豊夢選手が優勝

生保

日本生命、「日本生命トランジション・ファイナンス実践要領」を策定

損保

SOMPOホールディングス、100%子会社フレッシュハウス社の全株式を、アークホーム株式会社へ譲渡

生保

日本生命、株式会社ニチイホールディングスの株式取得完了

生保

第一生命ホールディングス、自己株式の取得状況を公表

生保

T&Dホールディングス、自己株式の取得状況を公表

損保

MS&ADホールディングス、自己株式の取得状況を公表

生保

T&Dホールディングス、「サステナビリティステートメント」更新、CO2株出量削減目標を見直し

生保

「営業職員チャネルのコンプライアンス・リスク管理態勢の更なる高度化にかかる着眼点」を踏まえた同社取組状況を発表

関連商品