新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、MS&ADインターリスク総研、大和平野中央田園都市構想(奈良県)の推進のため 潜在的交通事故リスクのアセスメントに関する実証実験を開始

三井住友海上、MS&ADインターリスク総研および八千代エンジニヤリング株式会社の3社は、交通事故を未然に防ぐ安全・安心なまちづくりの推進を目的に、「大和平野中央田園都市構想安全・安心まちづくりコンソーシアム協定」を締結し、10月から実証実験を開始した。
1.背景
奈良県では、大和平野中央田園都市構想※の推進にかかる取組の活性化を図るため、奈良県磯城郡3町(川西町、三宅町、田原本町)内において、新たな技術等を活用したウェルビーイング(多様な人々の幸福)な、まちづくりが推進されている。
この度、「大和平野中央田園都市構想推進のための事業」において、本リリースの3社合同提案が採択されたため、コンソーシアム協定の締結および奈良県磯城郡田原本町における実証実験の開始に至った。
※大和平野中央田園都市構想について(奈良県HP)https://www.pref.nara.jp/item/279539.htm#itemid279539
2.取組内容
従来の交通事故対策は、過去発生した事故発生箇所から対策すべき箇所を選定し、再発防止策を講じるか、もしくは主に地域住民からの要望等に基づき調査されたヒヤリハット事象(ヒヤリと感じる箇所)に基づき予防するかの大きく2つに分類される。
本実証実験では、新たな交通事故対策としてAIを活用し潜在的事故リスク箇所を発見する。顕在化している事故発生箇所に加え、ドライブレコーダーデータや道路構造、人流データ等からAI解析により客観的に評価を行い、まだ事故の発生していない潜在的事故リスク箇所を見える化する。
潜在的事故リスク箇所の予防対策を検討することで、重大事故を未然に防ぐ安全・安心なまちづくりを目指す。
3.今後の展開
三井住友海上とMS&ADインターリスク総研は、八千代エンジニヤリング社をはじめとしたパートナー企業とともに、地域の安全・安心なまちづくりにつながる新たなソリューションを企画開発し、全国の自治体へ提供していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、Frontier Innovationsが組成する宇宙ファンドに出資

損保

MS&ADホールディングス、子会社による金融庁への業務改善計画に係る報告書を提出

損保

三井住友海上、労務相談サービス「MSコンパス×無料de顧問」を提供開始

生保

大同生命、野村総研とヘルスケアデータ活用に向けた実証実験を実施~継続的な睡眠データのモニタリングにより参加者の6割以上が、睡眠に対する意識の高まりを実感

損保

三井住友海上、「日本パラ陸上競技選手権大会」砲丸投・円盤投で神下 豊夢選手が優勝

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、GHG排出量を衛星画像で解析するMomentick社と実証実験を開始

損保

イーデザイン損保、NTTCom、生成AIを活用した顧客接点の高度化の実証実験を実施

損保

三井住友海上、若手社会人の7割が感じる「挑戦」へのハードルを毎日の小さな取組で解消する「やってみるカメ?プロジェクト」始動

損保

三井住友海上、「2024世界柔道選手権大会」男女混合団体戦玉置桃選手が出場!日本代表チームが金メダル

損保

三井住友海上、ドライブレコーダー映像を活用した消防・救急活動の実証実験を開始

関連商品