新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損害保険料控除証明書発行に関する共同システムに5社が新たに参加し機能を追加

あいおいニッセイ同和損保、AIG損保、SBI損保、共栄火災、セコム損保、セゾン自動車火災、ソニー損保、損保ジャパン、東京海上日動、日新火災、三井住友海上の損害保険会社11社(五十音順)、損保協会およびトッパン・フォームズでは、2021年10月に構築し運用を開始した「保険料控除証明書発行サービス」※の機能改善を実施し、10月17日から、2022年度の年末調整および確定申告に向けたサービス提供を開始する。
2022年度のサービス開始にあたり、AIG損保、SBI損保、セコム損保、セゾン自動車火災、ソニー損保の5社が新たに本共同システムに参加し、先行する6社と合わせ、参加する損保会社(以下「参加保険会社」)は11社となる。
また、利便性の向上およびセキュリティ強化のため、以下のとおり機能改善を実施した。
◆野村総合研究所が提供している官民連携クラウドサービス(e-私書箱)への自動連携
・前年度に、本共同システムを介した官民連携クラウドサービス(e-私書箱)の利用実績がある場合、次年度分の電子データを自動連携する。これにより、以降は電子データの取得申請をすることなく、マイナポータル上でのデータ取得が可能となる。
◆本共同システムのセキュリティ強化
・本共同システムの利用に必要なIDを新規登録する際、2021年度は本人確認のためにハガキを使用していたが、2022年度からは、保険契約に携帯電話番号が登録されている場合は、SMS認証で本人確認を行う。
・本共同システムへのログイン時や電子データのダウンロード時に、登録のメールアドレス宛に通知メールが送信されるようになる。
※ 本共同システムは、参加保険会社が提供している地震保険および傷害・疾病・介護保険などの一部保険(第三分野保険)において、保険料控除証明書の発行業務を一元化するシステムであり、2021年度から運用を開始。対象となる契約に加入のお客さまは、契約が複数の参加保険会社にわたる場合も、本共同システム内で保険料控除証明書を、ハガキと電子データのどちらでも受け取ることが可能となるほか、マイナポータル上でのデータ取得が可能となる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、AI教習所、安心で安全な運転を支えるエコシステム「運転の人間ドック」構想の実現を目指して、共同研究を開始

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、GHG排出量を衛星画像で解析するMomentick社と実証実験を開始

損保

東京海上日動、世界銀行グループMIGA(多数国間投資保証機関)とパートナーシップ協定を締結

損保

東京海上日動、Finatextバックオフィス業務のシステムにおいてスタートアップ・中小企業向け組込型保険の提供を開始

損保

日新火災、「マンション管理適正化診断サービス」の診断件数が累計20,000件突破

損保

東京海上日動、建設機械向けレコーダーを活用したテレマティクスサービス(Ci-REC)国土交通省の新技術情報提供システム「NETIS」に登録

損保

セゾン自動車火災、10月に本社オフィスを移転

損保

SBI損保、2024年3月期の主要業績を発表

損保

三井住友海上、若手社会人の7割が感じる「挑戦」へのハードルを毎日の小さな取組で解消する「やってみるカメ?プロジェクト」始動

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】iDeCo(個人型確定拠出年金)の運営管理手数料を無料に

関連商品