新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、「第28回日本トライアスロン選手権」で小田倉真選手が初優勝

三井住友海上のトライアスロン部(監督:川合貴紀)から、小田倉真選手が10月9日(日)に東京都・お台場海浜公園周辺で開催された「第28回日本トライアスロン選手権」に出場し、初優勝した。
なお、本大会の結果をうけ2022ジャパンランキングが確定し、小田倉選手は2位となった。
選手名:小田倉真選手
結果:優勝
タイム:1時間48分24秒
スイム(1.5km):17分42秒(トランジット1:0分57秒)
バイク(40km):58分29秒(トランジット2:0分25秒)
ラン(10km):30分51秒

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、Frontier Innovationsが組成する宇宙ファンドに出資

損保

MS&ADホールディングス、子会社による金融庁への業務改善計画に係る報告書を提出

損保

三井住友海上、労務相談サービス「MSコンパス×無料de顧問」を提供開始

生保

明治安田生命、2024年度「地元アスリート応援プログラム」40都道府県88名の若手アスリートへ支援を開始

損保

三井住友海上、「日本パラ陸上競技選手権大会」砲丸投・円盤投で神下 豊夢選手が優勝

損保

三井住友海上、若手社会人の7割が感じる「挑戦」へのハードルを毎日の小さな取組で解消する「やってみるカメ?プロジェクト」始動

損保

三井住友海上、「2024世界柔道選手権大会」男女混合団体戦玉置桃選手が出場!日本代表チームが金メダル

損保

三井住友海上、ドライブレコーダー映像を活用した消防・救急活動の実証実験を開始

損保

三井住友海上、事故対応に生成AIの文章要約技術を導入

生保

かんぽ生命、車いすテニスの大谷桃子選手が全仏オープンに出場

関連商品