新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

SBI損保、大分トリニータのホームゲームにて「SBI損保スペシャルデー」を開催

SBI損保は、10月1日(土)に昭和電工ドーム大分にて開催されたJ2リーグ第39節大分トリニータ対V・ファーレン長崎の試合において、「SBI損保スペシャルデー」としてさまざまなイベントを開催した。
SBI損保がユニフォームスポンサーを務める大分トリニータのホームゲームであるこの試合は、同社の冠試合として「安心と安全のワンダーランド」と題し、入場者の皆さまが楽しみながら「安心」「安全」を考え、体験できる各種催しや企画を用意した。具体的には、昭和電工ドーム全体を安心と安全をテーマにしたワンダーランドと見立て、以下のイベントブースを設置した。
①交通安全を考えるブース
②防災・防犯を考えるブース
③健康と安心を考えるブース
④がん撲滅を考えるブース
⑤子どもの未来を考えるブース
⑥未来の保険を考えるブース
また、それぞれのブースを巡るスタンプラリーの開催、フリーアナウンサーの杉崎美香さんをゲストに招いたトークショー、2022ミス・ジャパン大分県代表の工藤彩郁さんによるキックインセレモニーなど、盛りだくさんのイベントとなった。当日の入場者は10,000人に迫った。
試合に先立ちスタジアム内のDJブースでは、大分市の佐藤樹一郎市長、ティーケーピーの河野貴輝社長と同社社長の五十嵐がミニ対談を行い、キックイン直前にはピッチ上で大分県警への反射リストバンドの寄贈式も執り行った。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SBI損保、2024年3月期の主要業績を発表

損保

SBI損保、【損保業界初】自動車保険の法人契約者へ睡眠障害リスク計測サービス「Sleep Doc」の無償提供を開始

損保

SBI損保、小野 尚氏が代表取締役社長に就任

損保

SBI損保、SBI Ant Works AsiaのRPAを活用したAPI連携により損害調査業務の効率化を実現

損保

SBI損保、仙台銀行で「介護保険」団体保険の案内開始

損保

SBI損保、自動車保険の保険料支払において「青と黄色のVポイント」取り扱いを開始

損保

SBI損保、「乳がんの早期発見・早期診断・早期治療」の大切さを伝えるピンクリボン運動へ協賛

損保

SBI損保、2024年5月19日開催「ホノルルトライアスロン2024」に協賛

損保

SBI損保、保有契約件数125万件突破

損保

SBI損保、「愛媛銀行×SBI損保実額補償がん保険」取り扱い開始

関連商品