新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

SBI損保、定額制シェアリングサービス「アリスプライム」向け専用保険商品を共同開発

SBI損保とモノのシェアリングサービスを運営するピーステックラボは、ピーステックラボが提供する『Alice.style PRIME(以下、「アリスプライム」)』のレンタル品に生じた損害を補償する専用保険商品を共同で開発し、10月1日から補償を開始する。
◆共同開発の概要
アリスプライムは、月々2,980円(税込)で話題の最新生活家電や美容家電など約500種類の商品を自由に交換・利用することができるモノの定額制シェアリングサービスである。SBI損保のアリスプライム向け専用保険は、お客さまがアリスプライムを通じてレンタルした商品を壊してしまった際の損害を補償する。この保険によって、お客さまがより安心してサービスを利用できる環境を整えるとともに、安定的なシェアリングサービスの提供を実現する。
◆共同開発の背景
近年、インターネットやスマートフォンの普及による時間および場所の制約の緩和、およびセキュリティの強化によって個人間のニーズのマッチングや信頼性の担保が可能となった。これにより、国内でも普及が進むシェアリングビジネス市場は拡大傾向にあり、消費は「所有」から「シェア」へと変化しつつある。SBI損保とピーステックラボは、そういった人々のニーズの変化に対応し、暮らしを豊かに変える「体験」を提供するモノのシェアリングサービス「アリスプライム」を保険で後押しすることで、サステナブルな社会の実現に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SBI損保、2024年3月期の主要業績を発表

損保

SBI損保、【損保業界初】自動車保険の法人契約者へ睡眠障害リスク計測サービス「Sleep Doc」の無償提供を開始

損保

SBI損保、小野 尚氏が代表取締役社長に就任

損保

SBI損保、SBI Ant Works AsiaのRPAを活用したAPI連携により損害調査業務の効率化を実現

損保

SBI損保、仙台銀行で「介護保険」団体保険の案内開始

損保

SBI損保、自動車保険の保険料支払において「青と黄色のVポイント」取り扱いを開始

損保

SBI損保、「乳がんの早期発見・早期診断・早期治療」の大切さを伝えるピンクリボン運動へ協賛

損保

SBI損保、2024年5月19日開催「ホノルルトライアスロン2024」に協賛

損保

SBI損保、保有契約件数125万件突破

損保

SBI損保、「愛媛銀行×SBI損保実額補償がん保険」取り扱い開始

関連商品