新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、MS&ADインターリスク総研、地域運動部活動支援サービスを開始

三井住友海上と、MS&ADインターリスク総研、スポーツデータバンク株式会社は、10月から運動部活動の地域移行の実現に向け、地域運動部活動の運営組織や指導者をサポートするサービスの提供を開始する。
3社は、本サービスを通じて少子化や人口減少下においても地域間の格差なく、すべての中学生がスポーツに取り組み成長できるソーシャル・インクルージョン(包摂的社会)の実現を目指す。
1.開発の背景
学校の運動部活動は、生涯にわたる健全な心身と豊かな人間性を育む、日本のスポーツ振興の基礎となるものである。心身の成長過程にある中学生にとって、体力や技能の向上に加え、他者と協調する精神を育む等、学校教育の一環として行われてきた。
しかし、「少子化の進行による生徒数の減少」「競技経験のない教師が指導せざるを得ない」「教師の業務負担軽減に伴う活動時間の減少」等、運営の厳しさが指摘されている。このまま部員の減少や部活動顧問の担い手不足が進んだ場合、中学生が選択できる競技種目の減少やスポーツに取り組む機会の減少が懸念される。
こうした実態を踏まえ、スポーツ庁の「運動部活動の地域移行に関する検討会議」では、2025年度末を目途に休日の運動部活動を段階的に地域移行(学校部活動から地域部活動に転換)することが示された。運動部活動の転換期において、教員の代わりとなる新たな指導者の活躍が期待される一方で、指導の質の保証や人数の確保が課題となることが予見されている。
2.サービスの概要
(1)指導者向け教育・認証制度
(2)指導者派遣による支援
(3)指導者・中学生への適切な補償の提供
3.今後の展開
三井住友海上は、本サービスを10月から沖縄県うるま市に提供し、「地域で地域を支える企業協賛型部活動支援モデル」構築を進める同市の部活動の地域移行をサポートする。
これを皮切りに全国の自治体に展開し、持続可能な部活動の環境整備に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、Frontier Innovationsが組成する宇宙ファンドに出資

損保

MS&ADホールディングス、子会社による金融庁への業務改善計画に係る報告書を提出

生保

明治安田生命、“明治安田ふるさと関西を考えるキャンペーン49年目”冊子「関西元気百景」を発行

損保

三井住友海上、労務相談サービス「MSコンパス×無料de顧問」を提供開始

損保

三井住友海上、「日本パラ陸上競技選手権大会」砲丸投・円盤投で神下 豊夢選手が優勝

損保

アイペット損保、うちの子エポスカードが新登場

損保

三井住友海上、若手社会人の7割が感じる「挑戦」へのハードルを毎日の小さな取組で解消する「やってみるカメ?プロジェクト」始動

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】iDeCo(個人型確定拠出年金)の運営管理手数料を無料に

損保

SBI損保、【損保業界初】自動車保険の法人契約者へ睡眠障害リスク計測サービス「Sleep Doc」の無償提供を開始

損保

アニコム損保、オンライン保険金請求サービスの提供を開始

関連商品