新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、「7割以上が事故を経験も、6割近くは自転車保険に未加入」自転車利用に関する調査を実施

三井住友海上は、は、20代~60代の男女1,000人を対象に、自転車利用に関する調査を行った。
自転車は子どもからお年寄りまで、誰もが自由に乗ることができる身近で手軽な移動手段として、国内の保有台数は6,800万台と2人に1人※1が所有している。一方、死亡事故等による高額賠償も発生しており、自転車事故に備える保険への加入を義務化する自治体も増えている。
しかし、今回の調査で「自転車事故により高額な賠償事例が発生していることは、あまり知られていない」「自転車事故に備える保険への加入率は低い」ことがわかった。
同社は、これらの身近なリスクに備えるための情報をオフィシャルWebサイトで公開している。
※1 出典:自転車保有台数推計報告書(財)自転車産業振興協会
「自転車利用に関する調査」調査概要
●調査時期:2022年6月3日(金)~6月4日(土)●調査方法:インターネット調査
●調査対象:全国の20代~60代の男女1,000人●調査委託先:株式会社マクロミル

関連記事(保険業界ニュース)

生保

マニュライフ生命「アジア・ケア・サーベイ2024」を発表~日本の生活者、将来のファイナンシャル・ウェルビーイング実現への期待度がアジアで最下位、退職後に向けた積極的な準備が必要

損保

三井住友海上、Frontier Innovationsが組成する宇宙ファンドに出資

損保

MS&ADホールディングス、子会社による金融庁への業務改善計画に係る報告書を提出

損保

三井住友海上、労務相談サービス「MSコンパス×無料de顧問」を提供開始

生保

エヌエヌ生命、家業経営者の父親とその子どもに関する調査品を発表

損保

三井住友海上、「日本パラ陸上競技選手権大会」砲丸投・円盤投で神下 豊夢選手が優勝

生保

日本生命、「父の日」に関するアンケート調査を実施

生保

アクサ生命、世界16の国と地域で実施、アクサのマインドヘルス調査「心の健康」日本は最下位

損保

三井住友海上、若手社会人の7割が感じる「挑戦」へのハードルを毎日の小さな取組で解消する「やってみるカメ?プロジェクト」始動

損保

三井住友海上、「2024世界柔道選手権大会」男女混合団体戦玉置桃選手が出場!日本代表チームが金メダル

関連商品