新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

au損保、65歳以上の自転車利用実態を調査

au損保は、65歳以上の全国の男女を対象に、自転車の利用実態や保険加入状況について調査した。
人生100年時代の長寿社会を迎えつつある中、日本の健康寿命は世界一といわれており、年齢を重ねてもいきいきと活動しているアクティブなシニアが増えている。その中で、高齢者による自動車事故に関する社会的関心の高まりから、高齢者が自主的に自動車運転免許証を返納するケースが増えつつあり、自動車の代わりとなる交通手段として自転車の利用が注目されている。そこで65歳以上の全国の男女を対象に、自転車の利用状況や保険加入状況、利用目的などを調査した。
今回の調査では、65歳以上の43.5%とおよそ2人に1人が自転車を利用しており、運転免許証の返納後の移動手段として、自転車を利用している人が20.3%した。また、自転車保険の加入率は51.6%と利用者の約半数にとどまっている一方、63.4%の方が自転車利用中にトラブルを経験していることが分かった。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、「上司が挑戦していないとモチベが下がる」若手が約6割、社会人800名を対象に【挑戦に関する意識調査】を実施

生保

ライフネット生命、認知症に関する調査を実施

損保

au損保、自転車利用時のヘルメット着用率を調査

生保

エヌエヌ生命、中小企業の賃上げとリスキリングに関する調査

損保

アイペット損保、ペットの支出に関する調査を実施

生保

第一生命、第35回「大人になったらなりたいもの」調査結果を発表

生保

大同生命、中小企業経営者を対象に「時間外労働の上限規制(2024年残業規制問題)」について調査を実施

生保

日本生協連、「老後」への意識についてのアンケート調査を実施

損保

ソニー損保「はじめてのマイカーに関する調査2024」を実施

損保

損保協会、高等学校における損害保険に関する教育の実態調査(3回目)を実施

関連商品