新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、タイの現地法人ABI社が「Insurance Asia Awards 2022」を受賞

あいおいニッセイ同和損保のタイ現地法人Aioi Bangkok Insurance Public Company Limited(以下、ABI)は、今般、「Insurance Asia Awards 2022」(主催:Charlton media group)で、「Insurance Initiative of the Year- Thailand」と「Insurtech Initiative of the Year – Thailand」の2 門を受賞した。
あいおいニッセイ同和損保はテレマティクス技術※1 と保険を融合したインシュアテックに強みを持つ保険会社として、グローバルにテレマティクス自動車保険の販売を展開している。
ABIは、Toyota Motor Thailand Co., Ltd. が展開するコネクティッドカー※2に付帯する T-CONNECTサービスを更に魅力的なものとするため、タイ初の運転挙動反映型テレマティクス自動車保険「TOYOTA Care PHYD」※3を開発した。2020年6月の販売開始以来、多くのお客さまに支持を頂き、契約台数は 13万台(2022年7月末)に到達している。
今般、同保険のテレマティクス技術を活用した先進性、特にユニークな 3 つの特長である「Safe(安全)」「Secure(安心)」「Saving(お得)」が評価され、大手ビジネスメディアグループ Charlton media group が主催する「Insurance Asia Awards 2022」で、2部門の受賞に至った。

あいおいニッセイ同和損保は、日本やタイで培った経験を活かし、アジアを始めとした各国・地域でのテレマティクス自動車保険の開発および展開を目指していく。また、同社のテレマティクス技術を交通事故発生後のサービスにも活用することで、お客さまに対する迅速なサポートを実現し、「安全・安心なクルマ社会の実現」への貢献を続けていく。
※1 「テレコミュニケーション」と「インフォマティクス」を組み合わせた造語で、カーナビや GPS 等の車載器と移動 体通信システムを利用して、さまざまな情報やサービスを提供する仕組み
※2 同社が定める運転挙動データ等が取得できる車載通信機(Data Communication Module)を搭載する車両
※3「PHYD」は「Pay How You Drive」の略称で、お客さまの運転挙動が保険料算出に反映する自動車保険のこと

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アニコム損保、2024年ファイナンシャルプランナーが評価したペット保険ランキング「保険金・給付金」で1位を獲得

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】iDeCo(個人型確定拠出年金)の運営管理手数料を無料に

損保

あいおいニッセイ同和損保、東北大学および仙台放送が開発した企業向け運転技能向上トレーニングアプリ「BTOC」の提供を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】個人向け傷害保険にAI身体機能分析「Care Wizトルトforme」を付帯

損保

あいおいニッセイ同和損保、代理店による保険会社へのメール連絡に伴う個人情報漏洩が判明

損保

MS&ADホールディングス、MS&ADベンチャーズのマネージングパートナーが「世界の優れたシード投資家(Seed100)」に選出

生保

マニュライフ生命、「HDI格付けベンチマーク」で8年連続の最高評価コールセンターの応対品質で三つ星を獲得

生保

SOMPOひまわり生命、日経クロスウーマン2024年版「共働き子育てしやすい企業ランキング」にて第2位を獲得

生保

SBI生命、コのほけん!「Insurance of the Year2024」就業不能保険部門にて「働く人のたより」が第1位を獲得

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動車修理工場のサービス品質可視化・ESG経営推進に向けた取り組みを開始

関連商品