新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン、企業分野火災保険に付帯サービスを新設

損保ジャパンは、10月に企業分野火災保険の商品改定に合わせ、企業総合補償保険へ2つの付帯サービス「事故再発防止策レポート作成サービス」「土壌汚染初期対応サービス」を新設し、販売を開始する。
令和3年版消防白書によれば、火災の発生件数などの減少傾向は長らく続いているが、令和2年には損害額が増加している。特に、危険物施設における火災事故の発生原因の比率を区分してみると、人的要因が 56.7%(106件)で最も高く、物的要因、その他の要因(不明および調査中を含む)の順となっている。近年の自然災害への備えも重要であると同様に、大事故につながりやすい火災危険等を軽減させる事故防止策等を強化し、防いでいく必要がある。
火災保険は11年連続で赤字である環境を踏まえると、継続的に安定した補償を提供するためには収益の改善が急務である一方、お客さまの負担を増加させるのではなく、「事故を発生させない」取組みに損保ジャパンが積極的に関わることが重要であると考えている。
この課題を解決するため、損保ジャパンはSOMPOリスクマネジメント株式会社(以下「SOMPOリスク」)と連携し、10月の企業分野火災保険の改定に合わせて、損保ジャパンの主力商品である企業総合補償保険に2つの付帯サービス「事故再発防止策レポート作成サービス」「土壌汚染初期対応サービス」を新設。これにより、企業の防災レジリエンスの強化をサポートし、お客さまの課題解決に積極的に貢献していく。
●付帯サービスの概要
損保ジャパンの企業総合補償保険に加入してもらっている全てのお客さまを対象とし、幅広くサービスを提供していく。
①「事故再発防止策レポート作成サービス」
火災・破裂・爆発事故が発生し、お客さまの合意に基づき損保ジャパンが手配する損害調査を行った場合に、簡易的な事故再発防止策に関するレポートを無料で提供する。ただし、主な対象は損害額が1億円超となる大口の事故で、事故鑑定調査をSOMPOリスクが実施し、事故時のヒアリングが行えるものに限る。
②「土壌汚染初期対応サービス」
火災・破裂・爆発事故を原因とした建物の建替えや移転・閉鎖等を行う際、一定の要件※で発生する土壌汚染対策法や自治体条例上の対応のうち、行政協議や机上評価などの初期対応の利用についてお客さまから連絡があった場合に限り、SOMPOリスクが無料で対応する。
※次の要件に該当する場合を指す。
・有害物質使用特定施設を廃止する場合
・有害物質使用特定施設が設置されている工場等で 900平方メートル上の土地の形質変更を行う場合
・有害物質使用特定施設の有無にかかわらず 3,000平方メートル以上の土地の形質変更を行う場合
今後、損保ジャパンは、新設する付帯サービスを活用していくことで、単に事故時にお客さまへ保険金を支払いするだけでなく、発生した事故の原因、簡易的な事故再発防止策等を案内し、「安心・安全」を届ける。これにより、お客さまの課題を一緒に解決し、企業の防災レジリエンス向上および課題の解決を実現していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、秋田銀行を通じた「事業継続マネジメント簡易診断サービス」の提供開始および「BCPセミナー」開催

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、業務改善計画の進捗状況(開示事項の経過・2024年5月末時点)および保険料調整行為に関する社外調査委員会による調査報告書を受領

生保

明治安田生命、“明治安田ふるさと関西を考えるキャンペーン49年目”冊子「関西元気百景」を発行

損保

三井住友海上、労務相談サービス「MSコンパス×無料de顧問」を提供開始

損保

損保ジャパン、AI教習所、安心で安全な運転を支えるエコシステム「運転の人間ドック」構想の実現を目指して、共同研究を開始

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、GHG排出量を衛星画像で解析するMomentick社と実証実験を開始

損保

アイペット損保、うちの子エポスカードが新登場

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】iDeCo(個人型確定拠出年金)の運営管理手数料を無料に

損保

損保ジャパン、洋上風力発電所リスク評価モデルを刷新、保険引受の高度化に活用

損保

SBI損保、【損保業界初】自動車保険の法人契約者へ睡眠障害リスク計測サービス「Sleep Doc」の無償提供を開始

関連商品