シンニチ保険WEB

三井住友海上、NFTアート専用保険の提供開始

三井住友海上はこのほど、株式会社HARTiと、HARTiが運営するNFTマーケットプレイスに出品する出品者向けに専用保険の提供を開始した。HARTiはNFT※1アートの普及推進に向け、2022年4月に開始した「HARTi※2」の出品アートに今回開発した専用保険を無償で付帯する。
両社は、本保険の提供を通じて、NFTマーケットの健全な発展とさらなる普及推進を支えていく。
ブロックチェーン技術の一つであるNFTがアートマーケットに与える将来的なインパクトは大きく、インターネットやSNSがアート市場のオンライン化を加速させたように、3~5年以内に世界的に巨大な市場を形成することが予想される。
NFTの登場により、デジタル資産を「所有」する時代が到来し、デジタルアートマーケットは、急激な発展が期待されている。一方、NFTアートは有形の絵画等の美術品と同様に、盗難や損壊事故の発生も予想されるため、NFTアートの普及には、NFTマーケットプレイスの健全な発展と保険による出品者の安心感の向上が不可欠である。
そこで、両社は、NFTマーケットプレイスの運営開始に際して専用保険の提供を開始した。
※1:Non-Fungible Token. 唯一無二の「世界に1つだけのデータ」の価値を生み出せる代替不可能な暗号資産。ブロックチェーン技術を活用する事でコピーできないデジタルデータを作成することができる。
※2:「HARTi」は完全招待制・審査制のNFTマーケットプレイス。出品作品は全てHARTiの専任キュレーターが審査を行うことから、質の高いNFTアートを探すことができる。国内の大手商業施設ともパートナーシップを締結しており、出品アーティストはリアル店舗を活用してさらなる認知拡大を目指すことが可能となる。
●NFTアート専用保険の特長
・保険対象:「HARTi」に出品されたすべてのNFTアート
・補償内容:第三者の不正アクセスにより、NFTアートの所有者アドレス※3が改ざんされ、第三者へNFTアートが移転してしまった場合に、出品者の損害を補償
・保 険 料:HARTiが保険料を負担し、出品者へ無償で補償提供
・補償金額:出品価格を参考値として作品ごとに決定(50万円限度)
※3:ブロックチェーン上で管理されるNFTに含まれるインデックスデータのうち、現在の保有者を示す一意の文字列をいう。
両社は今後、NFTマーケットプレイスにおけるサイバーセキュリティ等の検証を行い、より高額の補償提供やNFTを取り巻くリスクに対応した商品・サービスの開発を進めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、「Transverse社」の買収手続き開始を決定

生保

PGF生命、十六銀行で「米国ドル建終身保険(保険料円払込型)」を販売開始

生保

第一生命、ミレニアル世代向け「デジホ」の新商品を第一スマート少額短期保険より提供開始

損保

東京海上日動、糖尿病治療支援保険を開発

生保

アフラック生命、「生きる」を創るがん保険WINGSを発売

生保

ソニー生命、「変額個人年金保険(無告知型)22(無配当)」および「一時払変額個人年金保険(無告知型)22(無配当)」を発売

損保

損保ジャパン、「PayPayほけん」ミニアプリ「コロナお見舞い金」販売停止

損保

東京海上日動、中小企業向けハラスメント再発防止費用を補償する特約を新設

生保

東京海上日動あんしん生命、「家族信託組成サポートサービス」の提供開始

生保

ネオファースト生命、がん保険「ネオdeがんちりょう」を発売

関連商品