シンニチ保険WEB

三井住友海上、自然災害に関する調査を実施

三井住友海上は、20代~60代の男女1,000名を対象に、自然災害への備えに関する調査を行った。自然災害への備えに関心が高いものの、実際に備えている方は少なく、備えている内容も食品備蓄 など身の回りのことに留まっている。
また、近年増えている自然災害に便乗した悪質商法について、知らない方が多くいた。
同社は、これらの身近なリスクに備えるための情報をオフィシャルWebサイトで公開している。
「自然災害に関する調査」調査概要
●調査時期:2022年6月3日(金)~6月4日(土) ●調査方法:インターネット調査
●調査対象:全国の20代~60代の男女1,000名 ●調査委託先:株式会社マクロミル
<調査結果>
・9割の方が自然災害への備えに関心があるものの、4割は備えておらず「どこまで備えてよいかわからない」と回答。自然災害に備えている方でも、備えの内容は「食品の備蓄」「避難場所の確認」など 身の回りのことに留まっている。
・近年増えている自然災害に便乗した悪質商法について、6割が「知らない」と認知されてない。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ジブラルタ生命、教員の意識に関する調査2022を実施

生保

かんぽ生命、「資産の把握状況に関する調査」を実施

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、災害対策支援保険を発売

損保

三井住友海上、NFTアート専用保険の提供開始

生保

明治安田生命、夏に関するアンケート調査を実施

損保

三井住友海上とJAXA、「宇宙旅行保険事業」に関する共創活動を開始

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」2021年度年間レポートを公表

生保

ライフネット生命、第16回定時株主総会出席者アンケートの集計結果を開示

損保

三井住友海上、「2022グランドスラム・ハンガリー」で舟久保 遥香選手が優勝

生保

太陽生命少子高齢社会研究所、地方自治体を対象に「産後ケア事業に関する実態調査」を実施

関連商品