新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン、SOMPOリスク、事業者向け事故防止サービス「スマイリングロード」をリニューアル

損保ジャパンとSOMPOリスクは、通信機能付きドライブレコーダーを活用した事業者向け事故防止サービス「スマイリングロード」を全面的に刷新し、2022年7月から提供開始する。全面的に刷新した「スマイリングロード」のドライブレコーダー(以下「端末」)と、事業者の事故防止活動を支援する新たな機能により、さらなる安心・安全をお客さまへ提供するとともにお客さまの体験価値向上を目指す。
1.背景・目的
損保ジャパンは、2015年3月に、日本国内の損害保険会社で初めて通信機能付きドライブレコーダーを活用した事業者向け事故防止サービス「スマイリングロード」の提供を開始した。「見える・わかる・ほめる」のサービスコンセプトや、「うっかり運転検知機能」※などが評価され、累計で、約2,300社・12.5万台超(2022年4月末時点)の契約をしている。また、導入初年度に全体で約10%の事故削減効果が発現するなど、リリース以来、事故削減という事業者が抱える経営課題の解決と事故のない社会の実現に寄与している。
今回、多様化するお客さまからのニーズに対応するため、端末を刷新するとともに、ドライバーへの効果的・効率的な指導を支援する新たな機能を実装することで、さらなる安心・安全の提供と、事故が起こらない社会づくりに貢献する。
※「うっかり運転検知機能」は、端末のGPSデータと地図データを組み合わせることで、ドライバーが無意識に行っている交通規則違反(一時不停止/踏切不停止/通行禁止箇所進入/最高速度オーバー)の可能性を見える化できる機能である。
2.新端末の機能とサービス概要
(1)端末の刷新
フルハイビジョンの高精細な映像記録はもちろんのこと、端末に運転免許証をかざすことでドライバーを認証する。複数のドライバーが共用する車両であっても、ドライバー情報と走行データを自動的に連携することで、事業者の運行管理者(以下「管理者」)はドライバーごとの運転の傾向を把握し、効果的な指導に役立てることが可能である。
また、端末と同様にフルハイビジョンを備えたインカメラおよびリアカメラを、オプションで追加することが可能である。オプションでインカメラを設置する場合には、「居眠り」「わき見運転」「携帯電話通話使用」を検知し、危険運転アラートとしてお知らせすることが可能である。
(2)新端末で提供する機能・サービス
お客さまの目線に立った先進的な端末に加えて、「管理者用WEBサイト」および「ドライバーマイページ(WEB・アプリ)」を全面的に刷新した。
管理者はドライバーごとの運転特性や指導ポイントを客観的に把握し、動画を活用した効果的・効率的な安全運転指導に役立てることが可能である。
(3)サービス対象
スマイリングロードは「保険」ではなく事業者向けの「サービス」であるため、損保ジャパン以外の自動車保険にご加入の事業者を含め、すべての法人・個人事業主に加入いただくことが可能である。
損保ジャパンは事故防止に取り組むすべての事業者を支援する。
(4)サービス利用料
端末1台あたり月々1,200円(税込)。
オプション品(インカメラ・リアカメラ)は1台あたり月々各200円(税込)。
3.提供開始時期
2022年7月1日からサービス販売開始。(端末は順次発送)
4.今後の展開
損保ジャパンおよびSOMPOリスクは今後も、事故が起こらない社会づくりに貢献するとともに、高品質な事故対応を行うことで、安心・安全な社会を構築するための一助となることを目指す。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、“明治安田ふるさと関西を考えるキャンペーン49年目”冊子「関西元気百景」を発行

損保

三井住友海上、労務相談サービス「MSコンパス×無料de顧問」を提供開始

損保

損保ジャパン、AI教習所、安心で安全な運転を支えるエコシステム「運転の人間ドック」構想の実現を目指して、共同研究を開始

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、GHG排出量を衛星画像で解析するMomentick社と実証実験を開始

損保

アイペット損保、うちの子エポスカードが新登場

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】iDeCo(個人型確定拠出年金)の運営管理手数料を無料に

損保

損保ジャパン、洋上風力発電所リスク評価モデルを刷新、保険引受の高度化に活用

損保

SBI損保、【損保業界初】自動車保険の法人契約者へ睡眠障害リスク計測サービス「Sleep Doc」の無償提供を開始

損保

アニコム損保、オンライン保険金請求サービスの提供を開始

損保

損保ジャパン、戦略子会社少額短期保険「Mysurance」の累計契約件数が100万件突破

関連商品