シンニチ保険WEB

SBI損保、がん治療費の自己負担が実質“0 円”に「松本信金の実額補償がん保険」提供開始

SBI損保と、松本信用金庫(以下「松本信金」)は、2022年6月23日から、松本信金の口座保有者を対象に「松本信金の実額補償がん保険」の提供を開始する。
「松本信金の実額補償がん保険」は、入院費用も、手術費用も、通院費用も、かかった分を支払う実額補償の団体がん保険である。公的保険診療だけでなく全額自己負担となる最先端の治療まで手厚く補償するので、万一がんに罹患した際も、患者さまは自身が望む最適な治療を受けることができる。「松本信金の実額補償がん保険」では、松本信金を団体契約者とすることで、松本信金の口座を持っているお客さまには手頃な保険料で加入することが可能となる。
SBIグループは、地方の主たる経済主体との価値共創を通じ、地方創生に向け積極的に貢献することを目指し、地域金融機関の課題解決に向けたさまざまな施策を推進してきた。SBI損保も、これまで全国の地域金融機関と積極的なアライアンスを推進し、各金融機関に合わせた商品や販売スキームを提供してきた。
松本信金は大正11年2月に「有限責任松本信用組合」として設立以来、長年にわたる地域の皆さまからの愛顧と支援を賜り、2022年(令和4年)5月1日に創立100周年を迎えた。相互扶助の経営理念の下、地域の中小企業の事業活動の円滑な遂行と個人のお客さまの生活の安定のため取り組んでいる。
今後もSBI損保と松本信金はお客さま満足度向上を目指して、さらなるサービスの追求、拡大に努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、佐賀銀行を通じ、『感染症プラス入院一時金保険』の販売を開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、『みんなにやさしい終身保険』の円貨コースが進化

生保

T&Dフィナンシャル生命、愛知銀行にて変額終身保険(災害加算・I型)の販売を開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、京都銀行にて変額終身保険(災害加算・I型)の販売を開始

生保

三井住友海上プライマリー生命、信用金庫の業界制度商品として、『しんきんらいふ終身MSP<やさしさ、つなぐ2>』と『しんきんらいふ年金MSP<みのり10年>』の販売を開始

生保

アクサ生命、『ユニット・リンク』シリーズに2種類の特別勘定を追加

生損

SBI損保、チューリッヒ保険、ライフネット生命、FintechスタートアップIBと保険契約管理プラットフォーム共同プロジェクトを開始

生保

エヌエヌ生命、新付帯サービスとして助成金・補助金活用サポートを開始

損保

三井住友海上、林業者向け火災保険「フォレストキーパー」の販売開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自然資本や生物多様性の保全・回復に貢献する「再造林等費用補償特約」を発売

関連商品