シンニチ保険WEB

MS&ADホールディングス、「Net-Zero Insurance Alliance(NZIA)」に加盟

MS&ADホールディングスは、2050年までに保険引受ポートフォリオの温室効果ガス排出量ネットゼロを目指す、国際的なイニシアティブ「Net-Zero Insurance Alliance(NZIA)」に加盟した。
同社グループは、中期経営計画において、「地球環境との共生(Planetary Health)」を重点課題の一つに掲げ、気候変動対応に取り組んでいる。
今後、同社グループは、本イニシアティブに加盟し、保険引受ポートフォリオにおける脱炭素化の国際的なルールの策定や企業の脱炭素支援を通じて、社会全体のネットゼロ移行に貢献していく。
MS&ADインシュアランスグループは、リスクソューションのプラットフォーマーとして、気候変動をはじめとした社会課題の解決に貢献し、社会と共に成長していく。
1.NZIAについて
NZIAは、2050年ネットゼロの実現に向けて、保険引受ポートフォリオのネットゼロを推進する国際的なイニシアティブである。保険引受ポートフォリオの温室効果ガス排出量の計測、およびパリ協定に整合した目標設定手法の開発、企業の脱炭素化を支援する手法の検討等を進めている。
また、NZIAは、金融機関のネットゼロ移行を推進するフォーラムであるGlasgow Financial Alliancefor Net Zero(以下「GFANZ」)に加盟しているため、NZIA加盟企業はGFANZにも加わる。
2.同社の加盟について
同社グループは、さまざまな社会課題に対して、保険商品・サービスを含む、あらゆるリスクソリューションを提供し、レジリエントでサステナブルな社会の実現への貢献を目指している。
気候変動への対応は、優先的に取り組む社会課題の一つとして、社会全体の脱炭素化に向けた保険商品・サービスの提供等を通じて、お客さまや代理店、投融資先など、さまざまなステークホルダーとともに取り組んでいる。
今般、NZIAの加盟を通じて、保険引受ポートフォリオの温室効果ガス排出量の計測や目標設定に関わる国際的なルール作りに積極的に関与するとともに、企業の脱炭素化に貢献するリスクソリューションを提供することで、社会全体のネットゼロ移行に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、「Transverse社」の買収手続き開始を決定

損保

明治安田損保、「お客さま志向の業務運営方針」の取組状況(2021年度)

損保

損保ジャパン、「お客さま本位の業務運営方針」の改定と「お客さまの声白書2022」の発行

生保

太陽生命、「太陽の元気プロジェクト」2021年度の取組みを公開

損保

三井ダイレクト損保、ブランドコンセプトを刷新~「強くてやさしい」企業になることを宣言

損保

東京海上日動、中小機構による「事業継続力強化計画の策定支援」事業の受託

生保

大同生命、2025大阪・関西万博に向けて、商都・大坂の魅力を発信

生保

第一生命、JR「関内」駅前に「横浜市旧市庁舎街区活用事業」を着工

生保

生保各社、「お客さま本位の業務運営に関する取組方針」を公表

生保

住友生命、「(仮称)住友生命福岡ビル・西通りビジネスセンター建替計画」の概要を発表

関連商品