シンニチ保険WEB

東京海上日動のYouTube動画が広告賞「YouTube Works Awards Japan 2022」で「Best Target Reach 部門賞」を受賞

Googleでは6月2日、YouTubeで高い効果を獲得した動画広告を表彰する「YouTube Works Awards Japan 2022」を開催し、東京海上日動(採用チャンネル)による動画「モンハン保険」が、ブランドの顧客へ効率的かつ効果的にリーチしてマーケティング目的を達成したキャンペーンに与えられる「Best Target Reach 部門賞」を受賞した。
■「Best Target Reach部門」
作品名:「モンハン保険」
企業名:東京海上日動火災保険株式会社
企画・制作:ワンメディア株式会社/株式会社カプコン/株式会社シオン
作品URL:https://youtu.be/9T6IStj2HYs
・審査員 ズナイデン 房子氏(日本マクドナルド株式会社) コメント
「就職先として興味を持ってもらうというテーマに対して、社員の皆さんがゲームを見ながら商品開発をしていく斬新なアプローチにより、働いてる人たちのリアルな人柄が伝わるようなコンテンツとなっており、保険会社のイメージを大きく変えることに成功しています。リアルな人のパワーを表現に使う、これからのYouTubeの未来の一つのありようを示唆するクリエイティブであると大きく評価されたのではないかと思います。」
この「YouTube Works Awards」は、イギリスで始まり、アメリカなど世界各国で開催しており、広告界・YouTubeを代表するクリエイターが審査を行ってきた。
今回2回目の開催となる日本では、4月に審査員長に嶋浩一郎氏(株式会社博報堂)、シルクロード氏(YouTube クリエイター・Fischer’s)をはじめ、各部門の代表審査員7名を含む、合計12名の審査員によって審査会を実施し、ファイナリスト40作品から、全7部門「Best Innovation」「Best Sales Lift」「Best Target Reach」「Creative Effectiveness」「Force for Good」「Performance for Action」「YouTube Creator Collaboration」の各部門賞と、もっともYouTube広告の未来を指し示すものであるGrand Prix (グランプリ) を決定。Grand Prix (グランプリ) は、「VOICE PROJECT 投票はあなたの声」が受賞した。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、「地震に備えるEQuick保険 Amazonギフト券対応版」の販売開始

生保

カーディフ生命、INSURANCE ASIA AWARDS 2022を受賞

損保

東京海上日動、中小企業向け育児休業延長時の費用を補償開始

損保

日新火災、「マンション管理適正化診断サービス」の診断件数が累計15,000件を突破

損保

東京海上日動、糖尿病治療支援保険を開発

損保

東京海上日動、東京ガスと電力の供給力確保に貢献する協業供給力確保に貢献する協業を開始

損保

東京海上日動、中小企業向けハラスメント再発防止費用を補償する特約を新設

損保

東京海上日動、東京海上ディーアール、自治体のオープンデータを活用した「災害体験 AR」を高度化へ

損保

東京海上日動、新CM「信じられる、安心を。」シリーズ、「北川景子、#東京海上日動に入ってみた」篇、「プロの解決力」篇の放送開始

生保

オリックス生命、長崎ビジネスセンターが「N ぴか」で最高評価五つ星を取得

関連商品