シンニチ保険WEB

SBI損保、JFRカード株式会社が発行する大丸松坂屋カードの会員へ「SBI損保のがん保険」団体保険のサービス開始

SBI損保は、2022年6月1日(水)より、J.フロント リテイリンググループ(以下、JFRグループ)で決済・金融事業を推進するJFRカード株式会社(以下「JFRカード」)の大丸松坂屋カード会員を対象に「大丸松坂屋カード実額補償がん保険」(※1)の提供を開始する。
「大丸松坂屋カード実額補償がん保険」は、入院費用も、手術費用も、通院費用(※2)も、かかった分を支払う団体がん保険である。公的保険診療だけでなく全額自己負担となる最先端の治療まで手厚く補償するので、万一がんに罹患した際も、患者さまは自身が望む最適な治療を受けることができる。「大丸松坂屋カード実額補償がん保険」ではJFRカードを団体契約者とすることで、カード会員にお手頃な保険料で加入することが可能となる。
SBI損保は、所属するSBIグループの「オープン・アライアンス」戦略のもとでさまざまな分野の事業法人との連携を強化し、販路の拡大やサービスの拡充を図っている。
JFRグループは、決済・金融事業をグループの大きな成長余地のある中核事業として位置付け、拡大を進めている。JFRカードはくらしの「あたらしい幸せ」を支える決済・金融サービスのベストパートナーを目指している。お客さまの充実した「くらし」を実現する金融サービスを提供することをミッションとしている。
今後もSBI損保とJFRカードはお客さま満足度向上を目指して、さらなるサービスの追求、拡大に努めていく。
※1 正式名称「がん治療費用総合保険」
※2 通院治療費は契約ごと(5年ごと)に1,000万円までとなる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

カーディフ生命、団体信用生命保険の保険金・給付金請求手続きのSMS通知サービスを開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、横浜銀行を通じ、『つみたてねんきん2(外貨建)』を販売開始

損保

SBI損保、アプラスと業務提携

損保

東京海上日動、「地震に備えるEQuick保険 Amazonギフト券対応版」の販売開始

生保

PGF生命、十六銀行で「米国ドル建終身保険(保険料円払込型)」を販売開始

生保

第一生命、ミレニアル世代向け「デジホ」の新商品を第一スマート少額短期保険より提供開始

損保

東京海上日動、糖尿病治療支援保険を開発

生保

アフラック生命、「生きる」を創るがん保険WINGSを発売

生保

ソニー生命、「変額個人年金保険(無告知型)22(無配当)」および「一時払変額個人年金保険(無告知型)22(無配当)」を発売

損保

損保ジャパン、「PayPayほけん」ミニアプリ「コロナお見舞い金」販売停止

関連商品