新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、保険業の高度化に向けた資本提携を発表

三井住友海上は、保険業高度化等会社にかかる認可を取得し、システムの受託開発や高度なデジタル人財を派遣する株式会社TBCと3月に資本提携した。
1.背景と目的
MS&ADグループは、デジタルを活用したマーケティングやリスクコンサルティング等で最適なソリューションを提供する「リスクソリューションのプラットフォーマー」として、保険本来の機能に加え、補償前後の価値を創造・提供することを目指している。お客さまに最適なリスクソリューションを提供するためには、保険に限らないさまざまなデータを活用できるデジタル人財の育成・確保とお客さまの需要に機動的に応えるアジャイル型のシステム開発力が不可欠である。
保険業法の改正により、保険業高度化や利用者の利便性向上が見込まれる業務を営む会社の議決権取得が緩和された。三井住友海上は認可を取得し、「データ分析の専門性を備えたデジタル人財の育成・確保」と「新たなソリューションの開発・販売」を実現すべく、TBCと資本提携することとした。
2.今後について
TBCはクラウド上のシステム開発やサーバの運用保守等、高度な情報通信技術を活用した事業を展開しており、三井住友海上のデータ分析支援サービス「RisTech」や代理店向けシステム「MS1Brain」の開発支援も行ってきた。この資本提携をきっかけに、三井住友海上はTBCのシステム開発力や人工知能(AI)に強みを持つデジタル人財を活用し、社会課題の解決につながる新たなソリューションを開発するとともに、外部販売による収益機会の獲得を目指す。また、両社によるソリューション開発を通じて、デジタル人財の育成を強化していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、Frontier Innovationsが組成する宇宙ファンドに出資

損保

MS&ADホールディングス、子会社による金融庁への業務改善計画に係る報告書を提出

損保

三井住友海上、労務相談サービス「MSコンパス×無料de顧問」を提供開始

損保

三井住友海上、「日本パラ陸上競技選手権大会」砲丸投・円盤投で神下 豊夢選手が優勝

損保

三井住友海上、若手社会人の7割が感じる「挑戦」へのハードルを毎日の小さな取組で解消する「やってみるカメ?プロジェクト」始動

損保

三井住友海上、「2024世界柔道選手権大会」男女混合団体戦玉置桃選手が出場!日本代表チームが金メダル

損保

三井住友海上、ドライブレコーダー映像を活用した消防・救急活動の実証実験を開始

損保

三井住友海上、事故対応に生成AIの文章要約技術を導入

損保

三井住友海上、保険代理店と保険会社間の情報漏えいが判明

損保

三井住友海上、「2024世界柔道選手権大会」で玉置 桃選手が銅メダルを獲得

関連商品