シンニチ保険WEB

東京海上ホールディングス、カナダにおける新会社Tokio Marine Canada Ltd.Tokio Marine Canada Ltd.okioMarine Canada Ltd.の営業開始

東京海上ホールディングスは、2020年11月26日に、カナダにおける損害保険会社の設立に向けて、現地当局への認可申請を行うことを発表したが、その後関係当局からの認可・承認を取得し、今般2022年6月1日付で新会社TokioMarineCanadaLtd.(以下「TMC社」)の営業を正式に開始する運びとなった。
1.TMC社の営業開始について
(1)2020年11月26日付のニュースリリースの通り、同社は、市場規模・収益性に加えて規制や法制度等のビジネス環境が整った魅力的な市場であるカナダにおける一層の事業成長を図るべく、現地当局に対して新たな損害保険会社を設立する認可申請を行った。
(2)その後、関係当局から現地法人設立に関する認可・承認を取得し、2021年12月20日にTMC社を設立するとともに、東京海上日動火災保険株式会社(以下「TMNF」)を通じて75百万カナダドル(約75億円)を出資して100%子会社とした。
(3)カナダでの営業開始に向けては、連邦当局に加えて、各州・準州当局からの営業開始認可も必要となることから、TMC社設立後必要な認可申請を行っていたが、今般最大州であるオンタリオ州を含めた複数の州・準州での認可が得られたことから、2022年6月1日付で正式に営業を開始することとした。
(4)今後、残された州・準州においても、認可が取得出来次第引き受けを開始し、2022年中にはカナダ全土での事業展開を見込んでいる。
2.新会社の概要
(1)同社グループの更なるポートフォリオの分散と収益拡大に貢献すべく、TMC社はスペシャルティ種目をはじめとした企業向けの損害保険事業を展開し、現地企業への保険の提供と、同社グループ会社のカナダにおける保険引き受けのサポートを事業の両輪として、開業5年後には収入保険料で数億カナダドル(数百億円)規模の保険会社となることを展望している。
(2)新会社のCEOにはカナダにおいて過去2度の保険事業の新規立ち上げの実績があるMichael George氏を招へいし、その他の幹部社員も現地市場における豊富な経験や知見を有している。
(3)なお、主に日系企業への保険提供を行うTMNFカナダ支店、また同社の海外子会社によるカナダにおけるロイズ事業については、これまで通り存続させる予定である。
<会社概要>
名称:Tokio Marine Canada Ltd.
所在地:トロント(カナダ)330 Bay Street,Suite 400,Toronto,Ontario,M5H 2S8
現時点で認可取得している:エリアオンタリオ州、アルバータ州、マニトバ州、ニューブランズウィック州、ノバスコシア州、ユーコン準州、ノースウェスト準州(2022年5月24日現在)
代表者の役職・氏名:CEOMichaelGeorge
事業内容:スペシャルティ種目を始めとした企業向け損害保険事業
資本金:75百万カナダドル(約75億円)
設立年月日:2021年12月20日
株主(持株比率):東京海上日動火災保険株式会社(100%)
従業員数:22名(2022年5月24日現在)

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、「一般社団法人炭素会計アドバイザー協会」を設立

生保その他

日本郵政グループ、企業行動基準「JP行動宣言」を策定

生保

太陽生命、流山営業所を開設

生保

明治安田生命、オイロパ社(ポーランドの保険会社)の株式を追加取得

損保

MS&ADホールディングス、三井ダイレクト損保の100%子会社化を発表

生保

ジブラルタ生命、機構改革および人事異動を発表

損保

東京海上ホールディングス、「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)2022」に選定

生保

大樹生命、持続可能な社会の実現に向けた取組みを発表

生保

第一生命ホールディングス、自己株式の取得状況を公表

生保

かんぽ生命、2022年3月末ヨーロピアン・エンベディッド・バリューを開示

関連商品